笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

あるママが愕然とした「母子水入らず」の理想と現実に吹いた

子供が大好きな遊び道具の一つ、シール。指にくっつくあの感触や、多種多様な形は子供にとって魅力の塊ですよね。

インスタグラムで活躍されるなつまるさんは先日「息子くんとシール」に関する漫画を公開しました。

あらすじ

ある日、連絡帳に「シールを貼るのが上手でした」と書かれているのを発見したなつまるさん。

連絡帳を見るなつまるさん。提供:なつまるさん

たのしい親子時間が過ごせることを想像し、息子くんにたくさんのシールを買ってきたのですが、その後悲劇が訪れます…。

シールを買い与える。提供:なつまるさん

本編を読む

シールがもたらした予想外の大惨事に関してを綴ったこの漫画。当時の心境や今後の活動について投稿者のなつまる(@na2maruru)さんにお話を伺いました。

インタビュー

――いつから、どのようなことがきっかけでインスタで漫画を描き始めたのでしょうか?

なつまるさん:妊娠中にインスタで育児絵日記を投稿している方を見かけて、自分も描いてみたいと思い投稿を始めました。

――当初の予定では、どういった形で「親子じかん」を過ごせると思っていましたか?

なつまるさん:無地のノートにシールを貼って、お花の形にしてみたり色を重ねたりしてみよう!と思っていました。

――全てのシールを開けているのを見て、どういった気持ちになりましたか?

なつまるさん:全部開けて壁やカーテンに貼りまくっていた次男を止めたかったんですが、楽しそうに笑っていたので諦めました…

――今後、どういった活動に取り組んでいきたいですか?

なつまるさん:更新もゆっくりでマイペースなアカウントですが、絵を描く事が好きなのでコツコツ続けていきたいと思います🥰

 

大量のシールを一度に全て開封し、部屋中に貼りまくった息子くん。部屋は散らかってしまいましたが、心の底からシールを楽しんだことでしょう😇

作品提供・取材協力:なつまる /主婦の日常

本編を読む

コメントする

※未記入の場合、こちらの名前で投稿されます

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET