笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

イケおじ社長の私生活が完全に「はじめてのおつかい」状態で笑う

今回はCOMICポラリスに掲載された、漫画家・道雪葵さんの読切作品『クールな氷鷹社長は××ができない』をご紹介します!
道雪 葵

過去のご紹介記事はコチラ↓
地方色ですぎ!「どちらにしようかな」の歌を全国で比べたらヤバい神様が多すぎた
サンタ「大江戸線の新宿西口駅とかいう改札入っちゃって…」
子供の頃やってた謎すぎる修行に「懐かしい」「何と戦ってたんだ?」の声w

見た目はキリっとしていていかにもデキる男!しかし、その外見からは想像できないようなミスを連発してしまう多田野。

彼は自分の務める会社の氷鷹社長に、コーヒーをぶっかけたその日。夕飯の買い物に寄ったスーパーで再び氷鷹社長を見かけたことで始まった、ハラハラドキドキなストーリーとは?

早速本編を読みたい人はこちら!!↓↓↓
『クールな氷鷹社長は××ができない』を読む

あらすじ


©道雪 葵/COMICポラリス

今日も今日とて、先方がキレ散らかすようなミスをする多田野。

キリッとした見た目に反し、彼の人生は失敗だらけの暗黒の歴史に塗りつぶされていました。


©道雪 葵/COMICポラリス

周囲の期待を裏切る度に向けられる冷ややかな視線。

今やそんな冷たい視線にも慣れた多田野ですが、電話が下手くそだという理由で謝罪の電話さえかけさせてもらえない始末。


©道雪 葵/COMICポラリス

そんな中、自身の不注意で「氷の帝王」と呼ばれる氷鷹社長のスーツに、コーヒーをかけるヘマを重ねてしまいます。

謝罪するも「君は何もしなくていい」と言われ、さすがの彼も落ち込んでしまった模様。


©道雪 葵/COMICポラリス

その日仕事帰りにスーパーへ立ち寄ったところ、偶然にも氷鷹社長を見かけます。

日中の件もあり見つからないように隠れていると、買い物中であろう氷鷹社長が見ず知らずのご婦人から急に話しかけられ戸惑っていました。


©道雪 葵/COMICポラリス

意外にも話に乗った社長でしたが、ご婦人はそんな会話を期待していたわけもなく、驚いた後さっさとその場を立ち去ります。

勘違いで話しかけ恥ずかしい思いをした社長でしたが、全ての感情をクールな表情で覆い隠し買い物を続行。しかし、その様子が何だかとても奇妙に映ります。


©道雪 葵/COMICポラリス

おかしいと思いつつも、「そんなこともあるだろう」と割り切り自分の買い物に戻る多田野。しかし、気になってもう一度社長を見ると、明らかに計画性のない買い物をしていました。

今や社長の買い物から目が離せなくなった多田野。果たして氷鷹社長は無事に買い物を終えることができるのでしょうか?気になる結末はこちら
『クールな氷鷹社長は××ができない』を読む

COMICポラリスに読切掲載中!

今回ご紹介した『クールな氷鷹社長は××ができない』は、読切作品としてCOMICポラリスに掲載中!

ブラウザで一気に読みたい方はぜひ、サイトの方でもお楽しみくださいね。

『クールな氷鷹社長は××ができない』を読む
Twitter:道雪 葵(@michiyukiaporo)
LINEスタンプ:うちのトイプーがアイドルすぎる
掲載作品:クールな氷鷹社長は××ができない
書籍:うちのトイプーがアイドルすぎる全3巻
いぬほん 犬のほんねがわかる本
女子漫画編集者と蔦屋さん
アポロにさよなら Let’s go home!(全2巻)

コメントする

※未記入の場合、こちらの名前で投稿されます

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET