笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

「ママ!」が言えるようになった娘の《言葉の使い道》を観察してみた結果w

子育てにおいて、一つの節目になるのが子供が自分のことを呼んでくれた時ですよね。小さな子供を育てるママ・パパにとっては、心から待ち遠しい瞬間なのではないでしょうか。

インスタグラムで活躍されるアンビさんは先日、娘ちゃんがママと言い出した時のお話を漫画にして公開しました。

あらすじ

少し前からアンビさんのことを指差し「ママ!ママ!」と言うようになったという娘ちゃん。ようやく自分のことを呼んでくれたと思ったアンビさんは「やっとわかってくれたんだね…!?」と感動していたのですが…。

娘ちゃん「ママ!」 提供:アンビさん

しかし、テレビでウミガメを見た時や、外で馬を見た時も「ママ!」と言うようになった娘ちゃん。さまざまなものを「ママ」と呼ぶ娘ちゃんを見て、少々気を落とすアンビさんでしたが…。

ウミガメにも「ママ!」 提供:アンビさん

本編を読む

どっちなのかわからない、娘ちゃんの「ママ!」発言についてを綴ったこの漫画。当時の心境や、今後の活動について投稿者のアンビ(@kosodate_ambi)さんにお話を伺いました。

インタビュー

――いつから、どのようなことがきっかけでインスタで漫画を描き始めましたか?

アンビさん:妊娠中に始めました。初めての妊娠で分からないことが多く、インスタで主に情報を得ておりとても助かりました。自分も誰かの役に立ちたいと思い、元々好きだった絵を使って情報の発信や日常であったことを描き始めました。

――娘ちゃんが何にでも「ママ」と呼ぶことについて、どのように思われていましたか?

アンビさん:「ママ」を認識したと思っていたけど勘違いだったのかな?と思いました。なんにでもママっていうから少し面白かったです。室外機はさすがに笑いました😂

――旦那さんの推測を聞いたときの心境を教えてください。

アンビさん:天才!!!きっとそうだ!!!ママに話しかけてたんだ!!気づかなくてごめんね〜😭これからはそうやって話しかけられてると思って返事をしよう!と思いました。

――今後、インスタグラムではどのような活動をされていきたいですか?

アンビさん:必要な情報をわかりやすく伝えていきたい。結構子育てが大変だったので、色んな人に寄り添って不安を取り除いたり元気になれるような投稿をしていきたいです!

感動していたのも束の間、どんなものを見ても「ママ!」と呼ぶようになってしまったという娘ちゃん。きっと旦那さんの推測は正しいはずです…!😇

作品提供・取材協力:アンビ

本編を読む

コメントする

※未記入の場合、こちらの名前で投稿されます

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET