CuRAZY [クレイジー]
より良い暇つぶしを届けるメディア
【ことわざ】猫の手を借りて記事を書いてみた

【ことわざ】猫の手を借りて記事を書いてみた

こんにちは、忙しくて死にそうです。Jぺいです。
IMG_3578

最近まじで忙しすぎて「猫の手も借りたい」って程なんです。

…………ハッ!

「借りればいいじゃん!猫の手!」
22056

ネコの手を借りてみた

ということで、猫を飼う友人のTの家へ。

微笑むTさんと今回執筆を依頼する猫のタツ先生
IMG_1575

交渉の末、猫缶2つで1記事を執筆していただける運びとなりました。

タツ先生「よろしい」
IMG_1589

Jぺい「どうぞこちらのパソコンをお使いになってください」
ぼかし

タツ先生「ふおおぉぉぉ!!」ぼかし2
(先生がパソコンに近づくのを1時間以上待った末の1枚)

まさかの「猫の手」ではなく「後ろ足」で執筆してくださるところがさすがの先生。見事な執筆ぶりでした。

↓ということでこちらが世界初!猫の書いた記事です↓

 

ネコがマタタビを食べてみた

どうも飼い猫のタツです。tatsu

最近ご主人の下手くそな撫で方にも飽き飽きしてきたニャン。neko

ということで今日はマタタビを食べてみたいと思います。数あるマタタビの中から私が選んだのは一般的に多く販売されている粉末タイプ。普段はネコ仲間の間でも下戸と呼ばれている私ですが、実は大のマタタビ愛好家、妻に隠れて1日1g以上摂取することも、、、

嘘です。

とれ高を焦った僕が書きました。

↓タツ先生の書いた本当の記事がこちらです↓


cbgkip0

以上です。

 

「cbgkip0」という非常に短くもインパクトのあるワンフレーズをいただきました。先生本当にありがとうございました!!

 

「次は犬の手にしとくか…」
22057

 

〜完〜

JP

ライター

Jぺい

僕にもデスクが戻ってきた。

arrow_back 前の話次の話 arrow_forward

コメントする

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET