CuRAZY [クレイジー]
より良い暇つぶしを届けるメディア
【そのまま使える話のネタ100】1枚のコインで幸せになる方法

【そのまま使える話のネタ100】1枚のコインで幸せになる方法

86総合評価 ★★★★

ちょっとした寓話です。

昔、あるところに1人の物乞いがおりました。

空きビンを拾ってお金に換えたり、「教会の炊き出し」をいただいたりして、何とかその日暮らしを続けています。

ある日のこと。道を歩いていた彼は、1枚のコインが落ちているのを見つけます。金額にしたら、パンを1つ買うのにもほど遠い、わずかな額。

それなのに、この彼、拾ったそのコインをあることに使って、とても幸せな気分になったのです。

さて、いったいどんなことに、そのコインを使ったと思いますか?

なんと彼。拾ったコインを「恵まれない子どもたちを支援する慈善団体の募金箱」に入れて寄付をしたのです。

「いつもは、自分が人から施しを受けているのに、今日は反対に自分が人さまに施しをした」

そう考えるだけで、とても幸せな気分になることができたのです。

このネタの用途例

◎「情けは人のためならず」という話の前フリ。

効果的なアレンジ例

◎「世の中で成功している人たち、たとえば、スティーブ・ジョブズ、松下幸之助、本田宗一郎など、誰もが他人を喜ばせることで自分が成功している」と話を広げてもよい。
86_1024

イラスト/小林ラン
 
09132303_2

 

ダーヤマ

イラストレーター

ダーヤマ

編集部の似顔絵を担当した者です。イラスト描きながら記事作っております!

arrow_back 前の話

コメントする

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET