笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア
可愛くて学びになる!「点字ブロックマスキングテープ」が売られる理由を知って欲しい

可愛くて学びになる!「点字ブロックマスキングテープ」が売られる理由を知って欲しい

視覚障がいのある子供たちのために神奈川県で活動する「つばさの会」。今回は、そこから販売されているオリジナルマスキングテープ「点字メッセージ」「点字ブロック」をご紹介します。

IMG_9978_R
IMG_9985_R

ご覧の通り、モチーフとなっているのはしばしば街中で目にする黄色い点字ブロックと、点字の配置によるメッセージ。

可愛らしい見た目でついつい手元に置きたくなってしまいますが、つばさの会がこちらの販売サービスを行っているのには理由がありました。

視覚障がいのイメージと、見守る人々への感謝

もともとつばさの会は「全盲の子をスイミングに通わせたい」という思いから、団体を作ってコーチを呼んだことが始まり。現在では38家庭の会員がいて、2歳~18歳までの子どもが在籍しています。

つばさの会代表である亥埜さんは障がい者のイメージについて、『いつも弱者であることをアピールし、「理解してください」とか「支援してください」と助けを求めてばかりいる』という印象を与えたくなかったと語ります。

IMG_9990_R

実際、子どもたちが道を歩いているときや困ったときに、周囲の人たちに親切にしていただくことが多いので、「ありがたいなぁ」という感謝の気持ちのほうが大きいくらいなのです。ですから、点字ブロックのことも障がいのことも、押しつけがましくなく、もっと自然な感じで知ってもらえるといいな。という思いがずっとありました。点字ブロック柄のマスキングテープを作るという発想は、そういう思いから生まれたものです。

亥埜さんインタビューより

障がい者のために買ってあげよう」ではなくて、「かわいいから欲しい」と言ってくれるようなものを作りたい。

そんな気持ちがこもった2種のマスキングテープはそれぞれ単品購入が可能なほか、メッセージカードが封入されるセット購入も可能。カードには、直接手を差し伸べるわけでなくても、日々視覚障がいの方を温かく見守ってくれる多くの人々に向けた点字でのメッセージが記入されています。

IMG_9983_R

暗号解読のように楽しみながら、目の見えない人々の生活に触れることができるということですね。

課題も山積みな点字ブロック事情

マスキングテープの制作・販売については、以下のような反響が寄せられているそう。

マスキングテープを買った時に同梱されていた点字の50音表を見ながら、点字で書かれたメッセージを読んでみました。読めたときには心がホカホカしました。
5歳の子どもが点字ブロックの柄を見て、「これ、道路にあるの知ってる!」と教えてくれました。

また、鉄道好きな方がジオラマでリアルな駅を作るのに使ってくださったり、アート作品に利用してくださった方もいるとのこと。

IMG_9993_R

しかし同時に、点字ブロックが車いすの人やベビーカー、高齢者にとっては歩行の障害物にもなりうることも理解しているという亥埜さん。将来的には点字ブロックに代わる、位置や障害物の情報が瞬時に正確に分かり、世界中どこでも安全に歩けるようなシステムを待ち望んでいるそう。

現段階では、歩行に関して視覚障がい者の命を守っていると言っても過言ではない点字ブロック。より多くの方にその重要性を知って頂けたら嬉しいと亥埜さんは語ります。

障がいのある人と関わるというのは、異文化体験みたいなものです。知るとおもしろくて、完全には理解できないけど、「どちらが偉い」ということはなく、「どちらも大切な文化だね」と尊重し、認め合っていけると良いかな~と思っています。

亥埜さんインタビューより

IMG_9994_R

ご紹介したマスキングテープはつばさの会ホームページから、お問い合わせのもと購入できます。

コメント

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは、コメントガイドライン( リンク:curazy.com/commenting-guidelines )をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET