笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア
「彼女の目は水に浸すラムネを見ていた 」←もう1つの意味に呆れること間違いなし

「彼女の目は水に浸すラムネを見ていた 」←もう1つの意味に呆れること間違いなし

今回ご紹介するのは、アートディレクターや漫画家として活動しているホリプーさんが描く2枚のイラスト作品。

テキストには「かのじょのめはみずにひたすらむねをみていた。」とありますが、果たしてその真意は…?

D2WNBvSUcAE0yBb_R
twitter.com@horipu

彼女の目は、水に浸すラムネを見ていた…。

眩しい日差しが降りそそぐ夏日。透き通るようなラムネ瓶と、それを映す彼女の瞳…。なんだか、甘酸っぱいひと夏の思い出に浸ってしまいそうになる詩的なモノローグですね。

しかしこちらのテキスト、実はもう一つの意味があることにお気づきでしょうか。ツイートに添付されていたもう一枚のイラストがこちら。

D2WNBvVU8AAqs_q_R
twitter.com@horipu

彼女の目は見ずに、ひたすら胸を見ていた。

おおおおおおおおおい!!!(笑)

さっきまでの清涼感あるイメージはどこへやら。区切る場所を変えるだけで一転、女性陣の溜め息が聞こえて来そうな「男のうっかり話」が顔を出しました…。

ちなみに制作したホリプーさんご本人もこうおっしゃっていますが、いやいや!巧みな言葉遊びが、全く別の印象を与える2つのシチュエーションを作り出すというのは目を見張るものがありますよね!

ツッコミも共感も集まりそうなこちらのイラスト作品。様々なコメントが寄せられていました。

ホリプーさんはこういった作品の他にも「キュンとする」をテーマにした漫画など様々なコンテンツを制作しておりますので、興味を持たれた方はぜひチェックしてみて下さい!

Twitter:@horipu
Instagram:horipu_
HP:HORIPU.COM

 

コメント

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは、コメントガイドライン( リンク:curazy.com/commenting-guidelines )をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET