笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

【クイズ】これ読める人いる?正解したらスゴい難読漢字

日本には読めそうで読めない難読漢字がたくさんあります。

中でも動詞に関しては、「見たことがある漢字だけど、送り仮名が微妙に違う…」なんて経験がある人もいるはず。

今回はそんな難読動詞を集めてクイズにしてみました。全問正解した方は漢字検定に挑戦してみるのも良いかも…?

第一問

鑑みる_Rかんがみる_R

↑クリックすると答えが出るよ↑

※【意味・用例】
先例や規範に照らし合わせる。他を参考にして考える。
「先例に-・みて…」 「過去の失敗に-・み…」

※出典:三省堂 大辞林第三版

第二問

論う_Rあげつらう_R

↑クリックすると答えが出るよ↑

※【意味・用例】
物事のよしあしについて論じ合う。また、欠点・短所などをことさらに言い立てる。
「過去の失敗を-・う」 「細かいことを一々-・うのは控える」

※出典:三省堂 大辞林第三版

第三問

揺蕩う_Rたゆた_R

↑クリックすると答えが出るよ↑

※【意味・用例】
①物がゆらゆら動いて定まらない。ただよう。
「波間に-・う小舟」
②心が動揺する。ためらう。
「父はあまりの事に、しばし-・ひしが/うたかたの記 鷗外」 「今は逢はじと-・ひぬらし/万葉集 542」

※出典:三省堂 大辞林第三版

第四問

準える_Rなぞらえる_R

↑クリックすると答えが出るよ↑

【意味・用例】
①ある物事を類似のものと比較して、仮にそれとみなす。
「人生を航海に―・える」
②まねて作る。にせる。
「正倉院に―・えた造り」

出典:小学館 デジタル大辞泉

第五問

諄い_Rくどい_R

↑クリックすると答えが出るよ↑

※【意味・用例】
①同じことを何度も繰り返し言って、わずらわしく感じられる。話がしつこい。
「話が-・くなる」「 - ・い事を言ふ/狂言・富士松」
②食べ物の味付けがしつこい。
「味付けが-・くなくておいしい」
③色合いや模様がどぎつい。
「 - ・い柄」

※出典:三省堂 大辞林第三版

コメント10

  1. トマティ

    揺蕩う以外は間違ってた………
    勉強し直してきます

  2. 名無しさん

    これ楽しい!
    くどいとか漢字になるの知らなかった

  3. プロゲートボーラー

    「たゆた」は流石に読めなかった。┏○ペコッ。他は読めた。

  4. かっちゃまあず

    最初しかわからなかった。漢字は奥が深い。

  5. auftakt

    回答する欄がない(>_

  6. スーパー一般人

    ためになった!
    鈍った脳にいい刺激

  7. あまつさえ

    ためになるので!もっと載せてくださいなっ

  8. 趣味手裏剣集め

    素晴らしい!!1っこいか読めなかった読書好き55歳。精進いたします

  9. ミズクラゲ

    鑑みる以外わからんかった。

  10. D]

    余裕ですね。

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET