笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

「脳波で飛ぶドローン」を使って本物のビックリマークを発生させよう

突然ですがみなさんは、驚いた時何かを思いついた時、どんなエフェクトがかかりますか?

筆者はこれです。

ビックリ

お金の使い過ぎには注意が必要ですね。それはともかく、今回はこのビックリマークについての記事です。

紹介するのはこちらの商品。

スピン

「Sp!n」というオモチャです。「!」を「i」に見立てているので「スピン」と読むべきか、「すぷ!ん」と強調すべきか迷いますが、裏にはスピンと書いてありました。でも無視して「すぷ!ん」と読むのも楽しいと思います。そろそろ黙りますね。

スピン

革新的なコマの回る姿を見ていれば、ヒラメキが起こるかもしれません」とのことで、縁起物みたいなグッズらしい。そんなことより筆者のささくれが気になるという人はごめんなさい。

回すとビックリマークが表れます。

スピン

ビックリ

…うーん。

すこし脱線しますが、皆さんはこちら(↓)の画像を見てどう思いますか?

そこじゃねぇよ

場所間違ってるよって思いませんでした?

この画像も同じです。

ビックリ

場所間違ってるよって…思いませんか??

「机の上で回してビックリマークだよ~」ってだけじゃあ、お遊びのレベルを脱していません。25歳の大人がやることじゃありませんね。

「ビックリマークがあるべき位置」は決まってるはずです。今回は筆者と一緒に大人の階段を登りませんか?

スピン

正しい位置で回してみる

本来ビックリマークのあるべき正しい位置はこのあたり。

ビックリマークの正しい位置

ということで、リーサルウェポンかつメインウェポンとして、こんなものを用意しました。

脳波で飛ぶドローン

脳波で飛ぶドローン

うさん臭さを集めて煮詰めて冷やし固めたみたいなパッケージですが、こちらは一言でいうと「脳波で飛ぶ」ドローンです。説明してもうさん臭いってどういうこと?

詳しい仕組みは省きますが、使い方はヘッドセットを装着して…

脳波で飛ぶドローン

「集中」すると飛ぶ。

脳波で飛ぶドローン

脳波で飛ぶドローン

集中
集中

「集中」が「飛んでほしいと強く願う」ことなのか、「無心になる」ことなのか…具体的には飛ばした筆者もよく分かってません。

あくまで主観的にコツを伝えるなら「あー、自分なにやってんだろ」って思い始めたタイミングで飛びます。嫌なオモチャだな。

なので、別にふざけてても飛ぶ。

脳波で飛ぶドローン

脳波で飛ぶドローン
「何やってんだろ」と思えば思うほど飛ぶ

脳波って複雑だね。

このドローンに先ほどの「Sp!n」を取り付けて飛ばせば、正しい位置にビックリマークを持ってこれるはず。

脳波で飛ぶドローン

まぁ別に普通のリモコン操作のドローンでもよかったのですが、集中した時の脳波で動いている感じが、「ビックリ」感と調和していると思いませんか?筆者は何を言ってるんですか?

とにかく筆者は、手動に頼らず脳波だけでビックリしたいのです。ダメだ、何を言っているか分からないままだなこれ。

つまり、ラジコン要素を排することで「純粋にビックリした時のエフェクト感」により近づけるということです。3回説明しても分かりやすくならなかったのでもう諦めます。

チャレンジ開始

ナイロン糸みたいなのが無かったので、ゴムを2本結んで紐にし、セロハンテープでくっつけてぶら下げました。

脳波で飛ぶドローン

10回に1回くらいあった、ワクワクさんの意外と雑な工作をする回を思い出しますね。飛ぶかな~?

「集中」。

集中

脳波で飛ぶドローン

1秒でこんがらがった。捕らえられたセミのような音しか出せなくなって完全に停止。

脳波で飛ぶドローン

予想外のダメっぷりでしたが、驚きはしません。理想の位置でビックリするまで、驚きの感情は取っておきます。

今度は方法を変え、直接先端に縛り付ける。

脳波で飛ぶドローン

この場合の不安要素はやはりバランス。繊細なプロペラ飛行の妨げになる気しかしないのですが、これ持ち上がるのか…?

「集中」。

集中

脳波で飛ぶドローン

飛ぉぉんだぁあああああああああああ!!!

脳波で飛ぶドローン

脳波で飛ぶドローン

プライドを捨てて地を舐めれば、良い位置でビックリできることが分かりました。

大・成・功!

ただ、

営業

チャレンジ中やってきた人には、むしろビックリされます。

コメント

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET