笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

おでん持ち込み対決!「俺お手製おでん」を振舞われた

最近は肌寒い日が続きますね。こんな時期は、おでんが恋しくなります。皆さんは、今年もう食べましたか?

今回は、そんな冬に恋しいおでんで有名な一正蒲鉾(いちまさかまぼこ)さんが、ぜひ食べてもらいたいものがあるとわざわざ編集部に持ち込みに来てくれたんです!

IMG_8248_R

鍋とIHごと持ち込みで。

鍋とIHを自前で持ち込んでくる人初めて見た。編集部の皆さんにアツアツで召し上がってほしいと、なんと目の前で作ってくれたんです。

今回、持ってきていただいたのは、「80kcalおでん」「濃い旨おでん」の2種類のおでん。ノーマルタイプではなく、低カロリー路線と濃い味が染み込みガッツリ食べられる路線の2種類です。両方とも従来のおでんとは違う味わいを堪能できるそうなので、楽しみですね!

…と、そこに。

IMG_8270_R突然やってきたのは、編集部ライターのイチマルさん。手には、白いごはんとタッパーに詰められたおでんがあります。

IMG_8271_R

名称未設定2
皆さん、こんにちは~。僕のおでんもぜひ食べてください~。

IMG_8285_R

意味がわからず、編集部のライターこーんさんと筆者がツッコみます。

名称未設定
今、一正蒲鉾さんがおでん作ってるんだけど…?

名称未設定3
イチマルさんのおでんはお呼びじゃないですよ。

名称未設定2
いや~、社内の共有カレンダーに、一正蒲鉾さんがおでんを作りにやって来ると書いてあったので、楽しそうだから僕も作ってきたんです。

IMG_8279_Rどうやらイチマルさんはおでんを使った何らかのイベントを想定しており、自分のおでんも食べてほしいと持ち込んできたのです。偶然にも、名前がイチマサイチマルで似ていてややこしい展開に。というか、持ち込みスタイル流行ってるんですか?

IMG_8287_R一正蒲鉾さんはとても寛大だったので、笑って彼を迎え入れてくれたのでした。

両方のおでんを食べ比べてみた

突然のおでん追加で、書こうとしていた記事の構成がくずれました。こうなれば、両方のおでんの食べ比べ対決をし、「イチマルさんのおでんは不味い!一正蒲鉾さんのおでんは美味しくて最高!」こんな展開になれば丸く収まりそうです。ヤラセはしたくないので、不味くあってくれ…!

ということで、先にイチマルさんのおでんをいただくことに。こーんさんと筆者がいただきます。

イチマルさんの「手作り家庭おでん」

IMG_8298_Rわざわざ実家の母親から作り方をレクチャーしてもらったおでん。調理に3時間もかけ、1日つけ置きしてくれたそうです。なぜベストを尽くしたのか。とりあえず、筆者がいただきます。

IMG_8306_R

名称未設定3
いただきます。

味が美味しかったのに、記事をどうすればいいのかわからなくなり複雑な表情の筆者
味は美味しかったのに、記事をどうすればいいのかわからなくなり複雑な表情の筆者

名称未設定3
アッ、ヤバい、美味しい。

展開的に不味い結果になりました。美味しかったんです。家庭の温かみ、特徴が現れた…、そう、おふくろの味のようなおでん。記事のために嘘をついて不味いと言うのは良心が傷つきそうなのでやめました。

おでんにタコが入っているのを初めて見て、驚きの表情をするこーんさん
おでんにタコが入っているのを初めて見て、驚きの表情をするこーんさん

こーんさんもおでんをいただきます。

IMG_8349_R

名称未設定
えっ、普通に美味しい(笑)。

やっぱり美味しかった。
関西出身だからなのか、タコや牛すじが入っていて新鮮さもある美味しいおでんでした。

一正蒲鉾さんの低カロリーな「80kcalおでん」

そして、おでんといえば一正蒲鉾さんのおでん。食べていきたいと思います。
まず最初にいただくのは、低カロリーが特徴のこちらのおでん。

IMG_8376_Rダイエットや健康志向の女性に向けたおでんとなっています。大根やちくわなどの主要な具材がしっかりはいっていて80kcal。これだけあれば満腹感もありそうです。

IMG_8390_R

先ほど同様に筆者からいただきます。

IMG_8423_R

名称未設定3
あ~、美味しい!玉こんにゃくが入ってるんですね。よく噛むからすぐ満腹になりそう。

普通のおでんより、少しあっさりとした軽い味わい。それなのに具材は満足感のあるものが多く、物足りなさを感じないおでんです。

IMG_8434_R

続いて、こーんさんにも食べていただきました。

IMG_8440_R

名称未設定
うん、美味しい!思ったより味がしっかりしてる。うずらの卵っておでんに合うんですね!

低カロリーでも安定した美味しさのおでんでした。

一正蒲鉾さんのガッツリいける「濃い旨おでん」

続いては、濃い味でガッツリ食べられるおでんです。

IMG_8456_R昨今の、おでん若者離れをとめるべく、一正蒲鉾さんが考えたのがこちらのおでんなのだそう。色も味も濃いめなので、おでんのイメージが変わります。また、ごはんと一緒に食べるのがオススメなのだとか。

IMG_8479_R

さっそくいただくことに。

IMG_8483_R

名称未設定3
濃~~~。大根に味がかなり染みてますね。美味しい。

にんにくとしょうがが入っているため、汁のパンチが強い。おでんだけど、おでんじゃない新感覚の味わいになっていました。

こーんさんにも食べていただくと…。

IMG_8526_R

名称未設定
ん…?

IMG_8528_R

名称未設定
何だろう、この味!?美味しいです!でも何だ、この味…。自販機で売ってほしい味!

それ結局どんな味?

とにかく味が濃く、若者に人気の高そうな商品でした。

…と、ここでイチマルさんが動きます。

名称未設定2
僕も食べていいですか?食欲がそそられる色合いと匂いで食べたくなってきました。

ずっと見ていただけのイチマルさんがここで濃い旨おでんに興味を示した模様。おもむろに食べ始めました。IMG_8585_R持ち込んできた白いごはんと一緒に食べています。自分で食べる用だったんかい。とても嬉しそうにおでんを食べるイチマルさん。

IMG_8598_R

名称未設定2
うまっっ!めっちゃうまい。意外に米とも合う!

IMG_8594_R

食べるスピードはとまらず、もくもくと食べ続けます。

IMG_8608_R

名称未設定2
うまいな、コレ……。

豪快な食べっぷりでした。おでん、本当に好きなんですね。

このおでん対決の行く末は…

結局、全てのおでんが美味しかった結果に。完全に個人の好みの違いになりそうなので、どれが1番なんて野暮なことは決めませんでした。大事なのは、オンリーワンです。

今回わかったことは、おでんは、手軽に楽しむもよし、ガッツリごはんと食べるもよし、じっくり時間をかけて手作りするもよし!様々な用途に合わせた食べ物ということ!

おでんが美味しかったからなのか最高の笑顔のイチマルさん
おでんの美味しさに最高の笑顔のイチマルさん

一正蒲鉾さんのおでんはこちらから購入できます!
皆さんも今年の冬は、いろいろなおでんを楽しんでみてはいかがでしょうか?

コメント

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET