笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

【ざっくり検証】どれだけお得?旅のサブスク「HafH」と 格安航空「Peach」の共同キャンペーン

旅のサブスクとして話題の「HafH(ハフ)」と格安航空「Peach(ピーチ)」が業務提携を締結することに!

とんでもないキャンペーンとサービスがはじまるようですよ……。

Peach×HafH キャンペーンがスタート


Peach×HafHキャンペーン 株式会社KabuK Style

HafHは「旅のサブスク」。36の国と地域、551都市の949拠点(2021年9月末時点)の宿泊施設を定額で利用することができるサービスです。

今回のPeach×HafHキャンペーンでは、HafH会員が「Peachホーダイパス」を利用することで、ピーチポイント(3,000円相当分)などのプレゼントを受けられるキャンペーン。

Peachホーダイパスとは…
2021年11月1日〜30日までの1ヵ月間、定額で国内線全路線が乗り放題となるサービス

ニューノーマルなワークスタイル・ライフスタイルを体験価値として与える目的で業務提携を行うとのこと。

旅のサブスクってなんだ?

最近話題のHafH。

「旅のサブスクってなに?」と思う方も多いかもしれませんが、全国各地にある施設に月額2,980円から宿泊可能になるサービスです。

色々な施設があるので、ワーケーションやリフレッシュにぴったりだと話題沸騰中!

施設はまだまだ追加中とのことですが、どんどん拡大していくのではないでしょうか?すでに949拠点で利用可能なので、Peachを利用しやすい地域に住んでいる方は今回のキャンペーンの利用価値が高そうですね!

とはいえ、サブスクなので月に複数回旅行ができる人でないと、なかなか会員になるのは難しいかもしれません。

実際いくらかかるのか検証してみた

今回のキャンペーンは、Peachホーダイパスに申し込むと同時に、HafH会員にもなっている必要があります。新規入会する場合はその料金もかかってきますから、実は元を取るのってけっこう難しいのでは…?

■国内全路線ホーダイパス ライトコース
19,800円(税込)
■HafH スタンダード会員(月に3泊まで可能)
9,800円(税込)

ダブルで申し込んだ結果、かかる料金はざっくり3万円というところですね。3万円で1ヶ月国内旅行し放題、かつ3泊まで無料の組み合わせ。果たしてどれくらいお得なのでしょうか?

さて、筆者はとにかく南の島が好きなので、大阪から沖縄に行くことを想定しましょう。

HafHで「沖縄」と検索をかけて出てくるこちらの宿に泊まる想定で計算します。


HafH ESTINATE HOTEL 沖縄那覇

大阪から沖縄まで3泊4日(平日)の旅をすると、交通費は16,370円(目安)、宿泊費は12,000円(目安)。

国内全路線ホーダイパスが19,800円(税込)、3日宿泊可能となるHafH スタンダード会員の入会料が9,800円ですから、交通費(1往復)は元が取れませんでしたが、宿泊費(3泊)の方は十分元が取れる計算になりました。

1回の旅行で3泊すると、合計金額は3万円しないくらい。若干損してしまう感じがありますね。

しかし、Peachホーダイパスで2箇所以上に旅行しつつ、HafH スタンダード会員でMAXの3泊を利用すれば、いずれもお得になる計算。

さらに、休日だと飛行機も宿も値段が上がる場合がありますので、休日の利用を想定すればさらにお得と言えそうです。

Peachは乗れば乗るほど安いので、旅行じゃんじゃんいきたいぜ!って人にはめちゃくちゃ利用価値が高いサービスという印象です。(座席指定や荷物の重さで追加料金が発生するので要注意!)

あくまでも月に3泊の旅行ができる人向けなので、仕事や家庭でそんな暇ないわ!という方には向かないかも。自分にピッタリという人は、ぜひ利用してみてくださいね。

「ネットでの反応は?

今回のPeach×HafH キャンペーンに対して、インターネットではさまざまな声が見受けられました!

「これめっちゃ良いねぇ!peach使い放題!」

「近くに成田空港があればなぁ…」

「peachとタイアップすごい」

「魅力ありすぎ!」

「これは本格的に利用したくなる」

旅行の時間がある程度確保できる方は、利用してみるのもいいかもしれません。

Peach×HafH キャンペーン専用サイト
「Peachホーダイパス」HafH専売モニター
「Peachホーダイパス 国内全路線ホーダイパス」特設ページ

コメント

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET