笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

「タイトル覚え違い」がオモシロすぎて書籍化!福井県立図書館に聞いた「個人的ベストスリー」は?

みなさん、普段の生活のなかで覚え間違いをすることってありますか?筆者は覚え間違いというより、そもそもうろ覚えだったり、聞き間違いをすることが多くて多くて…。

それはさておき、講談社より2021年10月に発行された書籍「100万回死んだねこ 覚え違いタイトル集」が話題を呼んでいます。福井県立図書館の司書が対応した、面白い覚え間違いタイトルが紹介された書籍なんだとか。

今回は、そんな福井県立図書館にインタビューをしてみました!

SNSでも話題!福井県立図書館の「覚え違いタイトル」

図書館司書の業務の一環として「レファレンスサービス」を展開している図書館があります。レファレンスとは、知りたいことや調べたいことなどを問い合わせ、適切な資料や本などを調べるサポートをしてくれるサービス。

今回話題となった福井県立図書館ではレファレンスサービスを利用することができます。日々「この本はありますか?」と問い合わせがくるようですが、なかには本のタイトルを覚え間違えている図書館利用者さんも多いのだとか!

福井県立図書館のホームページでは、そんな図書館利用者さんの「覚え違いタイトル」の実例を集めて公開。

「覚え違いタイトル集」は瞬く間に話題となり、2021年10月20日に書籍『100万回死んだねこ 覚え違いタイトル集』が販売されました!

「100万回死んだねこ?」覚え間違いタイトルを一部ご紹介!

まずは、「覚え違いタイトル集」から実例をご紹介しましょう!福井県立図書館のホームページでは、実際に尋ねられた文言と、もしかしてこうかも?と想定できる書籍名が記されています。

「100万回死んだねこ」「100日後に死んだ猫」

こうかも?→「『100万回生きたねこ』佐野洋子/作・絵」

これは…。何の本なのか検討はつきますが、覚え間違いの内容を想像するとクスッとなります。「100万回死んだねこ」に関しては、意味もそんなに間違ってない。

カズキ・イシダの「わたしを探さないで」

こうかも?→「『わたしを離さないで』カズオ・イシグロ∥著」

著者の苗字も名前もタイトルも、全部違うやん! これを見つける図書館司書さんの仕事ぶりに脱帽です。

「ねじ曲がったクロマニョンみたいな名前の村上春樹の本」

こうかも?→「『ねじまき鳥クロニクル』第1~3部 村上春樹/著」

村上春樹の本であることはわかるものの、ねじ曲がったクロマニョンってなんぞや…?若干かすってはいるものの、覚え間違いというよりうろ覚え状態ですね〜。

福井県立図書館へインタビューしてみた!

めちゃくちゃ面白いコーナーを始めた福井県立図書館。今回の書籍化も含め、気になることを聞いちゃいました!

ともだ:今回「100万回死んだ猫 覚え違いタイトル集」が書籍化した経緯について教えてください!

担当者さん:講談社の編集者から、覚え違いタイトル集を取り上げるだけでなく、レファレンスに関しても言及し、司書の仕事とはどういったものかなどを含めて書籍化したいという手紙をいただきました。

これまで他の出版社から書籍化の依頼をいただいたことはあったものの、書籍化をするなら単に覚え違いタイトル集だけを取り上げた面白い本を作るだけでなく、レファレンスや図書館全体のことを広く知ってもらえるようにしたいという当館の思いと一致して書籍化を受けることにしました。

ともだ:福井県立図書館として書籍化が決定した際どのような思いを抱きましたか?

担当者さん:すでにインターネット上で話題になっている、当館HPの「覚え違いタイトル集」を楽しんでくださっている方が多い中、書籍化をして買っていただける本を作ることができるのか不安に思いました。

しかし、書籍化によりネットに親しみのない人にも覚え違いタイトル集を知ってもらえる機会が増えるのではないかとの期待もありました。

ともだ:書籍を発売して図書館利用者や読者からどのような反響がありましたか?

担当者さん:「書籍化を待っていました」や、早くも「第二弾をお願いします」などのお声をいただきました。SNSなどでも話題にしていただいているようで、大変ありがたいことだと思っています。

ともだ:担当者さんの独断で面白いと感じた覚え間違いタイトルを教えてください!

担当者さん:選ぶのが難しいですが、書籍の中にあるものでお答えさせていただくと……

47番:「伊坂幸太郎の「あと全部ホリデイ」はどこにありますか」
→これかも?「残り全部バケーション 伊坂 幸太郎/著 」
71番:「「ぶるる」みたいな旅行ガイドの本」
→これかも?「『るるぶ』JTBパブリッシング発行」
81番:「偏差値40の女の子がなんかした本あったじゃないですか」
→これかも?「『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』坪田信貴/著」

ーーー

世の中には面白い覚え間違いをされる方が多いんですね(笑)! 筆者も各地の図書館に寄った際、覚え間違いの履歴がないかチェックするのにハマりそうです!

公式HP:福井県立図書館
覚え間違いタイトル集
公式Twitter:福井県立図書館

コメントする

※未記入の場合、こちらの名前で投稿されます

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET