keyboard_arrow_right
BELNEの作品一覧

BELNEの作品一覧

  • 作者名
    BELNE
    出版社
    ゴマブックス

    ロンドンに幸福の味を知っている男が帰ってくる…。ともに音楽シーンを熱狂させてきた兄弟のスタンに別れを告げ、懐かしい地に足を運んだ、その男の名はサデ。生まれついての放浪者を自負し、根無し草にこだわろうとするも、ロンドンのかぐわしい夜は新しい出会いとともに彼を優しく包み込んでいくのだった。おなじみ「ロンドンの佳き日」のメンバーが送る、音楽的なシンプルライフ。

  • 作者名
    BELNE
    出版社
    ゴマブックス

    ガーディの親しき友・画家のアルドゥは、美しい眼をその絵に向けていたー。二人の戦わせる美術論の、音楽以上に美しいこと…。ロンドンに居を構える男たちと猫の、相変わらずな平穏と充足の日々。さらに作品の裏話から作者のロンドン旅行記、カラーセレクション、竹宮恵子×BELNEの対談なども収録された、ファンにはたまらない「ロンドンの佳き日」スペシャル版。

  • 作者名
    BELNE
    出版社
    ゴマブックス

    「俺はエゴイストにしてひとでなし、静かな孤独を愛する男ー」そうまで自負していた、ロンドン最後のカリスマと謳われる毒舌吟遊詩人トニィ。生き物など飼って生活習慣を乱されたくないと言っていた彼のもとに、絶妙なタイミングで捨て猫を飼ってくれる者を探す少年が・・・。おなじみベルネとガーディも合わせて、音楽と猫と、ひとつまみの議論で、本日もロンドンの夜は更けていく。

  • 作者名
    BELNE
    出版社
    ゴマブックス

    歌手として生計を立てているベルネ。あちこちを流浪とばかりに旅し、1年6か月ぶりにロンドンの地に舞い戻ってきた彼だが、「目覚める直前にはいつもロンドンにいたよ」と旧知の友に語る。同居人のガーディのライブを見に行き、その盛況ぶりに驚くものの、彼らはようやく日常の手触りを取り戻すのだった。美しいロンドンで、彼らの良き日々は芸術や猫とともにゆっくりと流れていく。

Now Loading!