メニュー
arrow_back マンガトップへ戻る

日本文芸社の作品一覧

  • 堕悪

    作者名
    叶精作 / 伊月慶悟
    出版社
    日本文芸社

    生活安全課の所轄・犬飼圭司は亡き父の同僚である真藤係長を「おやっさん」と呼んで慕い、その娘である佳奈との結婚を控えていた。しかしある事件のゴタゴタで犬飼のポケットに忍ばされた一つのUSBメモリが、彼の人生を叩き壊していく。尊敬する者、愛する人、信頼していた仲間・・・全てを失った絶望の淵で彼の選んだ道は、正義を捨て、金と権力と欲望を喰らって生きる餓狼となることだった!

  • 絶品!名古屋メシ 美味しい名古屋を食べに行こまい

    作者名
    榊こつぶ
    出版社
    日本文芸社

    名古屋はグルメの宝庫!スガキヤ、味噌カツ、大福茶漬け、あんかけスパゲッティーなど、怪しい感じがするけど絶品!幼い頃から名古屋グルメを食べて来た榊こつぶ先生がご紹介します!作者はパチンコ・パチスロを題材とした漫画を執筆している榊間おつぶ。他作品は「おネコさま」「酒×女 〜資格で楽しい酒ライフ〜」など。

  • 霧島嵐児

    作者名
    かざま悦二
    出版社
    日本文芸社

    心底惚れ込んだ絶対的存在の兄貴を殺された主人公の霧島嵐児。生きる希望を失い、兄貴を殺した黒咲に復讐をすることを決意する。しかし、行き勇んだ先で不運にも事故に遭い川に落ちてしまう!しかも目覚めたらなんと江戸にタイムスリップしたのだ…!一度死を覚悟した男が時空を超えて大暴れ!!!!作者は1966年に「その名はゼロ」で貸本漫画家デビューしたかざま悦二。

  • 北の寿司姫 [江戸前の旬]特別編

    作者名
    さとう輝 / 九十九森
    出版社
    日本文芸社

    主人公の姫野さくらは、北海道松前にある寿司屋「ひめの」の後継娘。大将である父を交通事故で亡くし、一緒に理想としてた「江戸前寿司」を完成させるために、札幌まで修行に向かう。さくらが真の寿司職人を目指す感動ストーリ。作者は20歳に「月刊少年ジャンプ」でデビューしたさとう輝。

  • 秘書のカガミ

    作者名
    堀戸けい
    出版社
    日本文芸社

    ケンハー秘書派遣に務める加賀美優は、弁護士並みの法律の知識と様々な資格所持しており、空手などの武術も身につけてるスーパー派遣秘書である。美人で仕事はできるのに恋愛運は絶望的、そんな秘書が活躍します!作者:堀戸けい。和歌山県那賀郡打田町出身、青年誌デビュー後、レディースコミックを舞台に多くの作品を執筆する。代表作の「秘書のカガミ」はテレビドラマ化された。

  • 任侠沈没

    作者名
    山口正人
    出版社
    日本文芸社

    所属している赤竜流組のために大紋寺龍伍(だいもんじ りゅうご)は、組の金を株でスった組長の息子を殺した。しかし、それを許せなかった組長は腹いせに、龍伍の妻と娘を殺害する。組長への復讐を決め、中部地方から東京へ向かった。高速道路上で前代未聞の大地震が起きた。目の前で広がる瓦礫の山、パニックに陥る人々達、日本列島はほぼ壊滅状態に陥る。その中で漢はどう生きるのか?「任侠」を全うできるのか?作者は「小平太ノ刃~江戸最強の男~」「龍の進撃」などを発表している山口正人。

  • 不動

    作者名
    渡辺みちお / 天王寺大
    出版社
    日本文芸社

    19歳という若さで岸田組の二代目総長の岸田不動。元古武道暮葉流師範代補佐であり、古武術を極めるその実力から、素手での戦いには絶対の自信を持つ。そして父親譲りの修羅の血が邪欲の街でスパークする!作者は24歳で芳文社の漫画雑誌「コミックマガジン」にて原作付き作品を隔週連載しデビューを果たした渡辺みちお。

  • 逃亡花

    作者名
    和気一作 / 香川まさひと
    出版社
    日本文芸社

    造園業を営むご主人を愛し、つつましいながらも共に幸せな生活を送っていた若妻の小園井咲子。だがある日、夫が何者かに殺されてしまう!無実の罪を被された咲子は裁判中に逃走したのだ!あの「女帝」を世に送り出した倉科遼と和気一作ゴールデンコンビが贈るサスペンスロマン!

  • 野良麺

    作者名
    富沢順
    出版社
    日本文芸社

    都市開発の影響で閑古鳥が鳴いている老舗ラーメン屋のしろくま。店の手伝いをする娘の玉子にバイト代を払えないほど経営は厳しかった。そんなしろくまラーメン屋に行き倒れの麺師 野良がやってくる!彼は「人を幸せにしてこそラーメン」を信条にしており、つくるラーメンは誰もが納得する絶品だった!作者は車田正美のアシスタントを経て週刊少年ジャンプ』にてデビューした富沢順。

  • 歴女ガイドねね

    作者名
    そらあすか
    出版社
    日本文芸社

    歴史が大好き!「歴女」なバスツアーガイドの山城ねね。ねねがガイドするツアーは、どんなものでも「歴史ツアー」になってしまう!みんなが知ってる歴史の知識を大きく上回ったマニアックな説明で盛り上げる!作者はトキワ荘プロジェクト在荘時に「戦国武女子、参る!〜いっそ武将に仕えたい〜」でデビューしたそらあすか。

  • 龍のおんな 坂本龍馬幕末異聞伝

    作者名
    和気一作 / 黒沢哲哉
    出版社
    日本文芸社

  • 湯けむりコンシェルジュ

    作者名
    江口賢一 / 神先史土
    出版社
    日本文芸社

    大手旅行代理店のJSTに設置されてるプレミアム温泉デスク。そこには高額だがどんな顧客も満足させるという凄腕温泉コンシェルジュ 湯本泉水がいた!湯本と部下の新人、桑原大地が様々な問題を抱える顧客に極上の温泉ツアーを提供する!!作者は「作食ってみました ~目指せ!激ウマ男料理!!~」「激ウマ!釣り船御前丸」などを発表している江口賢一。

  • 大江戸落胤世直し帖 土竜の剣

    作者名
    かわのいちろう / 猪野梓
    出版社
    日本文芸社

    質屋「銀屋」の蔵に住む質草男。表向きは三食昼寝付きの昼行灯だが、その正体は徳川家治の落胤。悪政で民を苦しめる田沼意次に対抗するため「土竜」になって秘刀天の一角を振るう!作者はかわのいちろう。小学館のマンガカレッジで佳作を受賞した後、2000年に少年サンデー超でデビュー。青年誌を中心に時代劇系の漫画を執筆して活躍。

  • 丼なモンダイ!

    作者名
    吉開寛二 / 花形怜
    出版社
    日本文芸社

    農林水産省落ちこぼれ役人で主人公の米野国崇(こめの くにたか)は、新部署の「米消費向上対策センター」に配置される。料理人を目指してた時に身につけた技術と豊富な知識を使い、同じく農林水産省のパートナーの及川栞と共に、日本中に丼ブームを巻き起こす!作者は元教師で「しげんとゆきみで」で第34回ちばてつや賞一般部門にて大賞を受賞した吉開寛二。

  • 天医無縫・絆

    作者名
    地引かずや / 伊月慶悟
    出版社
    日本文芸社

    文宛会都南中央病院に勤務するアメリカから帰国した医師の毒島丈。詳しい経歴はなく、謎に包まれているが、その技術は超一流で、海外の医師からは尊敬されている。丈が日本帰国中の飛行機で乗客が倒れ…。作者は「雷電」「巨大銀行の罠銀行検査官」などを発表している地引かずや。

  • 賭専

    作者名
    能田茂 / 東山道彦
    出版社
    日本文芸社

    公営競技に集まってゴルフをするアマチュアゴルファーの裏側で、一切表舞台に姿を出さず、大金を賭けてゴルフをプレイする「賭専」たち。下町の小さいラーメン屋を経営してるマツこと御殿松もまた、その賭専の一人として勝負に臨んでいるのだった…。作者は1981年にヤングジャンプ増刊号でデビューした能田茂。数多くの漫画の原画担当として活躍している。

  • 天医無縫・命

    作者名
    地引かずや / 伊月慶悟
    出版社
    日本文芸社

    文宛会都南中央病院に勤務するアメリカから帰国した医師の毒島丈。詳しい経歴はなく、謎に包まれているが、その技術は超一流で、海外の医師からは尊敬されている。丈が日本帰国中の飛行機で乗客が倒れ…。作者は「雷電」「巨大銀行の罠銀行検査官」などを発表している地引かずや。

  • 天医無縫

    作者名
    地引かずや / 伊月慶悟
    出版社
    日本文芸社

    文宛会都南中央病院に勤務するアメリカから帰国した医師の毒島丈。詳しい経歴はなく、謎に包まれているが、その技術は超一流で、海外の医師からは尊敬されている。丈が日本帰国中の飛行機で乗客が倒れ…。作者は「雷電」「巨大銀行の罠銀行検査官」などを発表している地引かずや。

  • 修羅がゆく

    作者名
    山口正人 / 川辺優
    出版社
    日本文芸社

    西日本で最大の勢力を誇る暴力団 公和会には、かつて狂犬と恐れられ手のつけられない暴れん坊がいた!その名も本郷流一。いまでは腕っ節一本で縄張りを収める岸田組の若頭補佐の本郷だったが、大きな抗争のが起こる予兆のようなものを感じていた。そんな折、行きつけのスナックで飲んでいると奇襲にあい…映像作品化もされた名作任侠漫画が登場!

  • 食キング B級グルメ店復活請負人‼︎

    作者名
    土山しげる
    出版社
    日本文芸社

    函館の名店五陵郭亭のシェフ 北方歳三は黄金の舌と評され、料理に真摯で高潔な人間像から各界から注目を浴びる料理人だった。しかし、いまは素性を隠し、閉店間近の料理店の再建をする「復活請負人」として密かに活動している!彼の繰り出す思いもよらない修行に、誇りを失った料理人たちは次々に復活を果たし店を再建していく…。作者は月刊少年チャンピオンの「ダラスの熱い日」でデビューを果たした土山しげる。

Now Loading!