JavaScript が無効化されています。
JavaScript を有効にしてください。
※無効状態では正常にサービスを利用する事ができません。

メニュー
グループ・ゼロの作品一覧

グループ・ゼロの作品一覧

グループ・ゼロの有名作「野望の群れ」や「イレブン」を全巻まるごと無料で読み放題!会員登録不要でその場ですぐ読めちゃいます♪映画化・ドラマ化された作品も無料配信中!すぐに続きから読める本棚機能や男性/女性のカテゴリー別のオススメ、編集部のピックアップなど機能も充実しています!

  • 電化製品の安売りでのし上がった城北電気の娘である、城北デン子。彼女は親の商売に良く似たがめつさで、同級生たちを相手に金貸しのようなことまでしていたが、彼女には憧れの存在がいた。それはとてつもなく美しい少女、サユリであり、サユリと付き合っているサトルだった。デン子の素質では整形してもサユリにはなれないことを聞かされ絶望するデン子だったが、サユリの秘密を聞き、一つの計略を発動させるのであった。

  • 「私」は幼い頃お婆ちゃんが好きでした。いろんな話を聞かせてくれたからです。でもお婆ちゃんの話に飽きた私は怖い話をしてと頼みました。お婆ちゃんは怖い話は得意じゃないと言って、それから溝ができてしまったのです。 大きくなった私は段々とお婆ちゃんを煩わしく思い、怖い話もつまらなかったのです。そうしてお婆ちゃんは死にましたが、それよりも一人部屋ができたことが嬉しかったのです。でも毎晩やってきます。私を怖がらせようとお婆ちゃんが。死んでいるのに。 犬木加奈子氏が綴るホラー短編集。

  • 少女向けホラーの巨匠として知られる犬木加奈子先生の仕事ぶりを網羅した一作。多くの犬木作品を集めた短編集とは異なり、児童誌風の付録あり、一昔前の映画の広告風カラーページあり、コメントありといった形で、半ば自選集のような構成になっている。収録されている作品も、不気田君やたたりちゃんといった定番キャラが登場する回を描く、いわばスターター・ブックのような形になっている。

  • 幼い頃から病弱で、何度も生死のふちを彷徨っていた少女、ちまき。そんな彼女を家族も気にかけ、常に様子をうかがっているが、ある日ちまきは、祖母の背後に、人間のようにも見える奇妙な「存在」がいるのに気付く。「彼」はすぐに姿を消すが、しかし祖母は急に亡くなってしまい、代わりにちまきは体調を回復させていくのだった。

  • 古びた本を買った少女、美人な子に嫉妬する少女、いじめられっ子を助けた少女など、少女を主人公としたダークな短編集。人間の醜い部分に焦点を当てており、ホラーの要素もふんだんに含まれている。 「あけてごらん」や「首」、「おにごっこ」や「かえり道」など、ホラー界の巨匠、犬木加奈子氏の描く至極の恐怖短編がここに!

  • 四百年前にこの世を去った里見家の姫、伏姫。彼女の生まれ変わりとして現代に降臨した伏谷由姫。時を同じくして、伏姫の守護犬、八房も復活を遂げる。 一方で四百年前に里見家に滅ぼされた玉梓の怨霊も荒玉梓となり、伏谷由姫が通う黄泉学園里見中学の校長として復活した。怨霊は八剣士が復活しないようにあらゆる手段を行使し、世界を支配するために動き出す。四百年の時を超えた戦いの結末とはいかに。

  • 入院中に病室から抜け出した妹のみどりは、裏山で倒れていた。みどりはたった一瞬だけ意識を取り戻し、不気味な笑い声を上げた後、死んでしまった。奇妙なのはみどりの体が蛇の鱗で覆われていたことだった。 看護婦たちは姉の許可なく、勝手にみどりの体を庭に埋めてしまった。姉はみどりの体を掘り返すが……。恐ろしい出来事に遭遇してしまう。

  • 父親はテレビのCMに出ているような有名企業に勤め、母親はPTA活動なども活発にやっていることから、クラスで注目され、また自分もそれが当たり前だと思っていた少女、サマ子。しかし、中学に上がってからと言うもの、周りの自分を見る目が変わっていることに気付きつつあった。また、実は家庭はメチャクチャな状況にあることにもストレスを感じていた彼女は、ある日妙な陰口を聞くことに……。

  • 商店の息子でありながらへぼ将棋ばかり指している青年、春男。しかし父親の店がとうとう潰れるという状況に至り、彼は裸一貫からの、思いもよらぬ復活劇を考えていく。手始めに彼は、店に残った品物を全品九割引きという物凄い破格で売りつくすと、その金でまた将棋を指してスってしまうが、思いもかけぬ方法で、さらなる儲けを狙っていく。

  • 戦乱の世を駆け抜けた一人の男。その名も真田幸村。彼の一族、真田一族は武田信玄についていた。しかし武田が滅びたことにより、その後は織田信長の配下となる。だが明智光秀が織田信長を討ったことにより、状況は一変する。 織田の死で戦国の世は大きく変わる。誰が天下統一を果たすのか。真田幸村に生き残る術はあるのか。彼の伝説が今、幕を開ける。

  • 呪いの鈴の音 美内ひろみは転校してきたばかりの女の子。転校先の学校では幽霊が出るとの噂が絶えなかったが、ひろみはみんなでからかおうとしているのだと思い信じなかった。 ある日、忘れ物に気づいたひろみが人気の無い学校に戻ると、草野加代と名乗る少女と出会う。

  • ナベシマ かつて、佐賀藩に鍋島というお姫様がいた。そのお姫様には毎晩、油を舐めては奇妙なダンスを披露するという噂があった。その噂を聞き付けた腰元たちはある日、お姫様の部屋をそっと覗くと、そこにいたのはお姫様の恰好をした化け猫だった! そして現代。鍋島美衣子は家に帰る途中、黒猫が死んでいるのを発見するのだが、それから彼女の身に異変が起こり......。化け猫にまつわるホラーオムニバスがここに。

  • 口裂け女伝説 小学校のそばには「口裂け女」が出るという噂がある。かつて日本中で囁かれたその話題はもう過去のものになっていたが、桜たちはある日、柱の陰に隠れるようにしている女性の姿を目にする。その女性は人形の口を裂きつつ女の子たちに声をかけてきたのだった。

  • 横浜市行政法務課取締官・芦辺駿平は、毎晩のように違う女と寝るハードボイルドな男だ。そんな彼だが、実は26歳にして中学2年生の子持ちなのだ。娘・雪乃の母親・鈴香は難産のため他界してしまい、駿平を人殺しとなじる祖父の手により雪乃と駿平の父娘は引き裂かれたのだった。しかし、ある日の授業参観で感動の再会を果たすことになる。駿平は娘の理想の父親像を守るために、生まれ変わることを誓うが果たして?

  • 女嫌いの主人公・耕平に、いきなり彼女ができた!?誰もがうらやむ可愛い美少女の彼女「ぴあす1号」。実は、彼女ができない耕平を心配した祖母の国分寺博士が作ったアンドロイドだったのだ。見た目とは裏腹に戦闘モードでは、学校一の乱暴者を一発KO。さらに「ぴあす2号」もやってきて、耕平を巡って争いだした!平穏だった耕平の日常はたちまち、とんでもないことに!

  • あらゆる権利をかけ行われる裏麻雀の世界、そこに舞い降りる魔性の女がいた。彼女の名は沙耶。 ある大手開発事業を巡っての暴力団抗争は、麻雀勝負にて決着をつけることとなった。巨大な利権が動く勝負に代打ちとして現れた沙耶。彼女の魔性の一打により全てが食らい尽くされる。彼女の生きる目的は怨念の復讐、そして悲しみに満ちた愛が狐火に灯る。勝負の先に沙耶は何を見据えるのか?

  • 居眠りばかりの強欲ババアの居酒屋には変わった客ばかり。そんな店内ではサングラスにパンチパーマのヤクザが煮込みをつまみに酒を飲んでいる。次にやって来たのはグチを聞くのが仕事の「グチ聞き屋」。そして競馬に負けて人生終わってしまった無常観溢れる男が一人。ダメな男達にもドラマがある。哀愁漂うシュールギャグ短篇集。

  • 山松ゆうきち氏は五十六歳の漫画家だ。仕事が減ってギャンブルに通うことができなくなった彼は、インドには漫画がないと聞いて、漫画をインドで売るというビジネスを思いつく。 インド語が一切喋れない。何を言っているか分からない。それでも彼は単身インドへ行き、無謀とも言えるチャンレジを成功させるため、がむしゃらに奮闘していく。

  • 多くの名作を雑誌「ガロ」にて発表した伝説の作家・つげ忠男による短編集。激動の昭和の時代を舞台に、現実的でありながらどこか不思議な世界と人々の物語を描いている。氏の重く静かで安らかな空気感が展開されていく。『きなこ屋のばあさん』『雨季』『夜よゆるやかに』『遠い夏の風景』『ある予感』などの短編を収録。

  • 舞台は京成線T駅周辺、元は赤線だった名残が漂い狭い路地と怪しげな家が建ち並ぶ町、昭和23年頃の出来事。チンピラ、売春婦などの底辺に住む男女の絶望的でまともでない人生を描いた短編集。劇画の名手・つげ忠男が1960?1970年代にかけて雑誌『ガロ』にて発表した作品を収録している。『どぶ街』『無頼の街』『無頼平野』『狼の伝説』『流れ者たち』など。

Now Loading!