笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア
【そのまま使える話のネタ100】 あなたの悩みの10年後

【そのまま使える話のネタ100】 あなたの悩みの10年後

26
総合評価 ★★★★★

誰でもそうだと思いますが、人生というヤツは「悩み」の連続ですよね。

私は何か悩みごとが発生して、解決策がないとき、常にこう思うようにしています。

「大丈夫。何とかなるから」

問題が発生して、「ああーっ、いったい明日どうなるんだーっ」って思っても、実際にその明日になると、必ず、どうにかはなります。地球の自転が止まらない限り、なんとかなるものなのです。

今、どんなに真剣に悩んでいることでも、10年経てばその悩みは6文字か、4文字か、2文字のものに変化します。

6文字とは、すなわち「わらいばなし」

4文字とは、すなわち「おもいで」

2文字とは、すなわち「ネタ」

「悩み」なんて、10年後には、「笑い話」として笑い飛ばすか、「思い出」として懐かしむか、「ネタ」として人に話すかのどれかになります。

あるカウンセラーが、こんなことを言っていました。

「イジメにあったりして死にたいという子どもには、ヘタに『死んではいけない』と言うよりも、『1年後にまだ死にたければそのときは死んでもいい』と伝えるんです」

10年どころか1年です。そんなことを言って大丈夫なのか心配になりますが、子どもの世界の1年は大人の世界の10年くらいにあたり、環境が激変するので、1年後には問題が解決していることがほとんどなのだそうです。

チャップリンは映画『ライムライト』の中で、「時は偉大な作家だ。常に完璧な結末を書く」と言っています。

永遠に続くように思える悩みも、時間が経てば状況が変わって、解決するのですね。

このネタの用途例

◎ 悩んでいる人へのアドバイス。

09132303_2

arrow_back 前の話次の話 arrow_forward

コメントする

※記事とは関係ないコメントやライターへの誹謗中傷は削除される可能性があります。クレイジーについてご意見がある方はお問い合わせください。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET