CuRAZY-cinema[クレイジーシネマ]
CuRAZY-cinema[クレイジーシネマ]は映画・ドラマに関するニュースや気になる情報・感想・評価・ネタバレや画像、動画を掲載しています。
松本潤主演ドラマ『99.9 -刑事専門弁護士- SeasonⅡ』あらすじ【毎週更新】

松本潤主演ドラマ『99.9 -刑事専門弁護士- SeasonⅡ』あらすじ【毎週更新】

日曜劇場『99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ』公式Twitterアカウント(@999_2018tbs)より

2016年に放送され、大きな話題を呼んだ松本潤主演の日曜劇場『99.9-刑事専門弁護士-』が遂にシリーズ化。日本の刑事事件における裁判有罪率は99.9%とされる中、残りの0.1%に隠された真実を追い求める弁護士たちの姿が描かれています。

この記事では、木村文乃を向かえてさらに豪華キャストになった『99.9 -刑事専門弁護士- SeasonⅡ』の各話あらすじをご紹介します。

1月14日放送【第1話】


TBS公式 YouTubeアカウントより

深山大翔(松本潤)は、99.9%有罪とみなされた事件でも、残りの0.1%の事実を自らが納得するまで追及する型破りな刑事専門弁護士。

そんな傍若無人な深山に振り回され、班目法律事務所の刑事事件専門ルームの室長がなかなか定着せず、所長の斑目春彦(岸部一徳)は頭を抱えていました。

そこで、斑目は民事の仕事に戻っていた元室長・佐田篤弘(香川照之)を再び戻そうとします。民事との兼任でも良いということ、その後マネージングパートナーを譲るということを条件に、佐田は渋々承諾します。

こうして、再び深山と佐田の名コンビが復活するのでした。

その頃、沢村ファイナンスの社長を殺害した容疑で逮捕された鈴木二郎(半海一晃)の弁護依頼が入ります。事務所には鈴木の娘と、彼女の友人で元裁判官の尾崎舞子(木村文乃)がやってきました。

尾崎は鈴木の無罪を勝ち取ることは難しいと考え、情状酌量を求めるべきだと訴えますが、深山は鈴木本人が無罪を主張していることから無罪を勝ち取ることを目指します。

ところが沢村ファイナンスの社員からは、鈴木の犯行を裏付ける証言が出てきており、尾崎は鈴木の主張を信じることができません。佐田はそんな尾崎を一時的に班目法律事務所に入れ、ともに調査をすることに。

深山は、殺害の裏付け証拠として提出された鈴木が撮影したという写真の角度に違和感を感じ、彼が撮影したものではないと断定。実は、鈴木を恨む社員たちによって殺人犯に仕立て上げられた事件だったのでした。

1月21日放送【第2話】


TBS公式 YouTubeアカウントより

深山は、26年前に父親・大介(首藤康之)が女子高生を殺したとして逮捕された殺人事件の被害者の妹・美由紀(野々すみ花)から連絡を受けて、故郷の金沢を訪れていました。

彼女が深山に渡したのは、被害者のものでも大介のものではない遺留品の水晶でした。新たな証拠を手に入れた深山は、冤罪のまま獄中で亡くなった父親の無念を晴らすために再び0.1%の事実を追求することに。

尾崎や佐田も加わり、金沢での聞き込みを始めると裁判との矛盾が出てきます。水晶を置いている寺を見つけ出し、膨大な入山記録を調べた彼らは、当時矛盾のある証言をしていたことが判明した警察官・小倉一郎(三宅宏之)の名前を発見。

深山らは、当時の状況を小倉の同僚だった警察官に事件の真相を問い質します。すると、上司や検察官・大友修一(奥田瑛二)が大介の裁判が進んでいたことを理由に、小倉の疑惑をもみ消していたことを知るのでした。

26年前に大介が殺人犯として逮捕されたこの事件の真相は、本当は被害者に交際を迫った小倉が、彼女に冷たくあしらわれたことに怒りを感じて殺害したというものだっだのです。

佐田は、「一体、裁判は誰のためのものなのでしょうか。」と大友に問いかけるのでした。

1月28日放送【第3話】


TBS公式 YouTubeアカウントより

人気ミュージシャンの茅ヶ崎(宇崎竜童)が、ジャーナリストの安田(伊藤高史)を殺害した容疑で逮捕されました。

茅ヶ崎の担当弁護士となった佐田は、無罪する自信がありましたが、別件で茅ヶ崎が暴行を働いてしまい窮地に陥ります。

さらに、賭博行為をしていた茅ヶ崎が安田から脅されていたことを、佐田が隠していたことが判明。依頼人の利益を守ろうとした佐田のせいで、茅ヶ崎は不利な立場になってしまいます。

自分のミスでこんな事態を招いてしまったと反省し、深山や舞子に関わらせたくないという佐田を置いて2人は接見に向かいます。

そこで、安田の事件を目撃したという石川(安達祐実)から話を聞けることに。石川は曖昧な発言を繰り返し、それが原因で茅ケ崎の公判は延期となり、弁護士交代の危機になってしまいます。

しかし、石川の婚約者が殺された安田と知り合いだったことが判明。石川は婚約者の犯行を隠すために茅ケ崎に罪を着せたのでした。

深山は目撃日と同じ状況を作り、再び石川に尋問。大雨の中で見えづらかったという曖昧な証言を覆すために、わざわざ外に見える看板を見やすいものに替えて石川の嘘を立証したのでした。

2月4日放送【第4話】


TBS公式 YouTubeアカウントより

弁護依頼で斑目法律事務所やってきた岩村梢(有森也実)。梢の夫・直樹(ユリオカ超特Q)が、タナハシ機械に務める棚橋(迫田孝也)を殺害し、自殺をしたとされ、不起訴処分になっているというのです。

さらに、幸次郎の兄・政一郎(迫田孝也)から3億円の損害賠償請求をされていました。

捜査を始めた深山は、岩村が飛び降り自殺をしたとされる現場のセメントが割れて粉が散らばっていることに気が付きます。

また、飛び降りたビルの防犯カメラから、岩村がテレビのクッキングレシピをメモしていたことが発覚。その殺害された時間にテレビを観ていたというアリバイが証明されました。

岩村がエンジンに関する特許を持っていて、それに大きな価値があったことに気付いた佐田は、弁護士・森本(近藤芳正)に、棚橋が起こしていた賠償請求を拒否する旨を話します。

裁判当日、棚橋の下請けであるアダチ工業の社長・足立(塚地武雅)は、岩村と棚橋の間で契約打ち切りの話があったこと、犯行時間に岩村を目撃したことを証言していたにも関わらず、それを一転させ、不利な証言を繰り返します。

しかし足立の尋問の時、深山は防犯カメラの映像から、岩村が死んだときに着ていたコートが無くなっていることを指摘。また、セメントが凶器に付着しており、犯人が岩村の指紋を付けて棚橋の死体の近くに置いたものだと主張します。

深山の指摘は正しく、真犯人は、足立、森本、政一郎。特許の利権で独り占めしようと考えた政一郎が、岩村の犯行に仕立てようと計画したものだったのでした。

コメントする

※コメントは承認制となっています。記事とは関係ないコメントやライターへの誹謗中傷は削除される可能性があります。クレイジーについてご意見がある方はお問い合わせください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)