JavaScript が無効化されています。
JavaScript を有効にしてください。
※無効状態では正常にサービスを利用する事ができません。

メニュー
男性向けの作品一覧

男性向けの作品一覧

男性向けコミックを読むなら全巻無料のクレイジーマンガ!往年の名作・話題作が勢揃い!会員登録は不要ですぐ読めちゃいます♪映画化・ドラマ化された作品も無料配信中!すぐに続きから読める本棚機能や男性/女性のカテゴリー別のオススメ、編集部のピックアップなど機能も充実しています!

  • 帝都ホテルは外務省関係者がもてなすパミール王国の全権を握る大臣の晩餐を披露したが、当の大臣はそのほとんどを食べ残し去ってしまう…。日本でも屈指の料理人でもある料理長の下村は酷くプライドを傷つけられ「それならばこちらももう料理を用意しない」と意固地になり、支配人は頭を抱えていた。しかし、そこへ幻の流れの料理人と言われている臨時雇い専門の天才シェフ 味沢匠(あじさわたくみ)が姿を現す…!

  • 明治、大正、昭和……。動乱を極めた幕末が過ぎ明治維新を迎えてからも、日本列島では武力決起の嵐が巻き起こっていった。不満を持った士族、民権や無政府主義を掲げた者、あるいは治安を守るべき軍人自身が、銃を手に取り要人たちに向けていったのである。 また、血生臭いテロルの顛末の全ては語られることはなく、当事者の数だけ歴史の闇に葬られた秘録が存在していたのだった……。

  • 千年もの伝統を誇る華文女子学園には、毎年新年に「姫初め」の儀式があった。それは、一人の女生徒をある不良グループのトップに差し出すというものだった。そしてその年の不良たちは、相手として陽美子を指名してきたのだが、これらの儀式には、実は古代から現代まで続く因縁が潜んでおり......!?今、強烈な闘争が幕を開ける!

  • かつて復讐の鬼と化した銀行マン、安斉らと組んで悪巧みを繰り返していた水沼だったが、今や相変わらずの借金生活で、ヤミ金業者からも狙われているような状況だった。そこで彼は警官であるという自らの立場から得ることになった横流しの情報を材料に、医師、上条をゆすりに行くが、上条もまた多額の借金に苦しみ、返済のアテを探していた。 そんなある日上条は、悪徳美容メーカーの餌食になった患者の声を聞き、仕事になるのではと思い、「第三者」である水沼に連絡を取ることに……。

  • 「カブ探偵事務所」を開き、探偵として働いている蕪木次郎。蒸発した妻を捜すべく、脱サラして探偵になった彼のもとには、何故か様々な厄介事が舞い込んでくる。時には拳銃に狙われ、時には不良少年たちに囲まれるなど、かなりハードな日常を送る羽目になるカブだったが、普段乗っているバイクの「カブ」同様、安くてタフを自認するだけあり、全力で任務をこなしていくのだった。

  • 風俗専門の整体気功師として、歌舞伎町を中心に活躍する雨宮盗四郎。しかし彼にはどんな厳重な金庫の鍵でも開けてしまうという、大泥棒としての一面もあった。金が目当てで「仕事」をすることはないが、彼のその多彩な能力と人柄は様々な人を引き付けていく。人探しからトラウマ解決、そして勿論「盗み」まで、彼の仕事は実に幅広く行われていく……。

  • 横浜の日ノ出町、まるでスラムのような一角で、「ここは地の果て」と言い切る風変わりな男、直次郎。デパートに勤務してはいたものの、会社にも居場所というものを感じることができなかった女性、みさ子は、直次郎に誘われるままに行動を共にして、賭場の喧騒や特有の雰囲気を味わうなど、社会の底にこびりついたものの味を舐め取るような生活を始めた……。

  • クラブのママとして働いている京極さくらは極道の妻だった。クラブのママを隠れ蓑にしているさくらだが、実は彼女、警察の仕事を請け負う刑事でもあったのだ。旦那の出所を早めるという刑事の言葉を信じて、秘密裏に密命を請け負うさくら。 極道の妻としてのネットワークを武器に、未解決事件の解決に挑むさくらの戦いの記録である。

  • 商店の息子でありながらへぼ将棋ばかり指している青年、春男。しかし父親の店がとうとう潰れるという状況に至り、彼は裸一貫からの、思いもよらぬ復活劇を考えていく。手始めに彼は、店に残った品物を全品九割引きという物凄い破格で売りつくすと、その金でまた将棋を指してスってしまうが、思いもかけぬ方法で、さらなる儲けを狙っていく。

  • 戦乱の世を駆け抜けた一人の男。その名も真田幸村。彼の一族、真田一族は武田信玄についていた。しかし武田が滅びたことにより、その後は織田信長の配下となる。だが明智光秀が織田信長を討ったことにより、状況は一変する。 織田の死で戦国の世は大きく変わる。誰が天下統一を果たすのか。真田幸村に生き残る術はあるのか。彼の伝説が今、幕を開ける。

  • 作者名
    河方かおる
    出版社
    TORICO

    一条真実はTVプロデューサーを目指す高校生。溢れる情熱に加えて、プロも唸る企画を連日のように持ち込むなど頭脳・行動力ともに非凡な実力を発揮する。アイドルや女優たちとの心の絆を育みながら、業界唯一の「高校生AD」として番組制作の現場に入っていく。

  • 大手芸能プロ・マルAの優秀な社員だった津島研一郎は、所属するタレントの身代わりとなり麻薬取引の罪で2年の懲役を受けることとなる。1年半後に仮出所できた津島だったが、その間に恋人の順子は社長の花山に寝取られてしまっていた。あの事件は花山の仕掛けた罠だったのだ。騙されたことで無気力になってしまった津島だったが、知り合った少女を気まぐれに芸能界デビューさせたことから花山への怒りが再燃する。地位も名誉も、そして恋人も失った津島は、あらゆる手段をいとわず花山への復讐劇を開始するのだった。

  • サラリーマン関口文明は、漠然とした不調を感じていた折、子供の父親参観の場で会った、保母の中村さんに一目惚れしてしまう。子供のことで相談が、と、出まかせを言ってまで二人きりで会う約束をした関口はいたたまれずに詫びてしまうが、中村さんは笑って許してくれた。 そしてその優しさは、関口をますます恋の深みへと引き込むことになるのだった。

  • 出張ホストのバイトをしながら慶応大学を目指す赤松杉男は現在2浪中。際立つルックスと旺盛な精力を生かし出張ホスト業は順調にこなしていたが、肝心の勉学は停滞中だった。ある日、杉男のもとに従妹の真美が上京してくる。真美は女優になるため家出してきたという。真美に無理やり居座られ、嫌々ながらも共同生活をすることになった杉男。だが、実は真美は人並み外れたナイスバディを持っており、二人の関係は次第に変化していく。  

  • 「ナニワ金融道」で大ヒット作家となった青木雄二氏の短編集。一見普通の人の日常が描かれているようであるが、その内容は極めて経済的であり、しかも人の心のどうしようもない部分や闇と呼べる領域にまで鋭く踏み込んでいる。約束手形など、今ではあまり見かけなくなったシチュエーションにも言及されているのが特徴的である。

  • 連敗街道をまっしぐらに進んでいる野球底辺校の天道高校に一人の新入生が入部した。彼の名は清川 卓。一年生なのに異常に図太くクールで、大舞台にも動じない彼は、パワーや技術においても人智を超えており、さらには動物的な勘の良さをフル稼働させ、熱戦を悠々と勝ち進んでいく。しかし清川にはスケベという弱点もあり、パンチラが見えてしまうと試合中でもフェンスによじ登ってしまうほどハチャメチャになってしまうのだった

  • 「タカハシ」は学力テストで8回連続300人中150番になるというドが付くほどの平均的な高校生。クラスでも非常に存在感の薄いタカハシなのだが、なぜか彼の周りには個性な仲間が集い彼を慕っている物も多い。クラスのスター生徒会長までもが彼をライバル視する始末。本命のミキに好かれようとする普通の高校生なのだが、いつも学校ではトラブル続きの日常が織りなされる。

  • 坂上小梅には霊感があった。幼い頃から霊を見ることができる彼女は、幽霊がらみのトラブルに何度か巻き込まれたこともあった。現在、彼女の住む街では怪事件が頻発していた。 そんなとき、転校生がやってくる。彼の名は如月一矢。ただの転校生ではない。色々な噂が囁かれていた。そう彼には裏の顔があったのだ。 小梅と一矢、二人が出会ったとき、想像を超える霊能力バトルが幕を開ける。

  • 八百吉の息子、ちゃっぷまんは通称できんボーイと呼ばれていた。父親は剽軽でエッチな性格で、母親は美人で優しい、そんな二人の元で育てられたちゃっぷまんはイタズラ好きの子供になった。ステキな家族のスラプスティック・ギャグ漫画がここに。

  • 大学を中退し、雀ゴロとして半端な生活を送っていた羽根 満男はある時、業界の大スター麻 雀吾郎と対局するチャンスにめぐり合う。しかしその時同席した学生風の男、九佐井 一平は、初心者とは思えぬ技の冴えと度胸を有していた。 九佐井は強烈な我の強さと勝負への執念を持っており、その熱度の高さがやがて麻雀界に旋風を巻き起こしていくのだった。

Now Loading!