CuRAZY-cinema[クレイジーシネマ]
CuRAZY-cinema[クレイジーシネマ]は映画・ドラマに関するニュースや気になる情報・感想・評価・ネタバレや画像、動画を掲載しています。
『おんな城主 直虎』で女心をわしづかみ!柳楽優弥出演映画10選

『おんな城主 直虎』で女心をわしづかみ!柳楽優弥出演映画10選

2017年の大河ドラマ『おんな城主 直虎』や、2016年に大ヒットし2017年夏に続編が放送された人気ドラマ『ゆとりですがなにか』に出演するなど、年々存在感を増してきている俳優・柳楽優弥さん。

子役でデビューし、日本映画界の名匠・是枝裕和監督にその才能を見出され、史上最年少でカンヌ国際映画祭の男優賞を受賞した彼。その後、精神的に不安定な時期を乗り越え、今や日本で最もノリに乗っている俳優の1人となりました。今回は、名作揃いでハズレ無しの柳楽優弥さん出演おすすめ映画10選を紹介します!

誰も知らない【2004年】

誰も知らない
amazon.co.jp

あらすじ

けい子(YOU)には長男の明(柳楽優弥)を含む4人の子どもがいますが、全員出生届が出されておらず、アパートの大家にも存在を隠しているため、通学はおろか外出さえできない状況。しかもけい子はある日、突然失踪してしまいます。そうして残された子どもたちの、誰も知らない、誰にも知られない生活が始まるのでした。

見どころ

1988年に実際に起きた「巣鴨子ども置き去り事件」を題材にしたこの作品は、未熟で無計画な母親によるネグレクトがテーマとなっています。是枝裕和監督がオーディションで柳楽優弥さんを主演に抜擢した理由は「目力」だそうなので、ぜひ注目してご覧ください。柳楽優弥さん演じる明は幼くして世の中の不条理に向き合っているだけあって、鋭い眼光の中に寂しげな揺らぎを宿しています。絶妙なバランスで世界を見つめる明の表情に、思わず感情移入してしまうこと請け合いです。

星になった少年 Shining Boy & Little Randy【2005年】

星になった少年 Shining Boy & Little Randy
amazon.co.jp

あらすじ

主人公のテツ(柳楽優弥)は、両親が動物プロダクションを営んでいたこともあり、幼い頃から様々な動物と暮らしていました。ある日、両親はサーカス小屋からミッキーとランディという2頭の象を引き取ります。テツは彼らと触れ合っていくうちに、象使いになりたいという夢を抱き、本場であるタイへ渡ることを決意するのでした。

見どころ

ゾウ使いを志しタイに渡るも、弱冠20歳で逝去した坂本哲夢さんの半生を描いた作品。なんといっても一番の見どころは本物の象を使ってのアクションでしょう。柳楽優弥自らが、またがった象を自在に操るシーンは圧巻です。堀りの深い顔立ちと体当たりで挑む演技が合わさり、終盤はテツが本物の象使いに見えてきます。また、日本映画ではあまり映し出されることのない、タイの壮大な自然風景もこの作品の魅力です。

シュガー&スパイス 風味絶佳【2006年】

シュガー&スパイス 風味絶佳
amazon.co.jp

あらすじ

志郎(柳楽優弥)は高校を卒業し、特に目標もなく地元のガソリンスタンドでアルバイトをしていました。ある日、志郎のバイト先に乃里子(沢尻エリカ)が新人として入ってきます。彼女に仕事を教えていくうちに恋愛感情が芽生え始める志郎。やがて2人は付き合うことになりますが、ある日2人の間に亀裂が入ります。乃里子は元彼である矢野(高岡蒼佑)のことを忘れられずにいたのです。乃里子は彼と寄りを戻したいことを志郎に告げますが…。

見どころ

柳楽優弥さんの出演映画3作品目にして、初の恋愛もの。当時16歳であり、まだあどけなさの残る柳楽さんと、すでに大人の色気を漂わせている沢尻エリカさんのミスマッチとも呼べる恋愛描写に注目です。また中盤で恋敵として現れる高岡蒼佑さんも良い味を出しており、見た目もキャラクターも濃い三角関係は実に見ごたえがあります。

包帯クラブ【2007年】

包帯クラブ
amazon.co.jp

あらすじ

両親が離婚し、将来に絶望している女子高生ワラ(石原さとみ)は、病院の屋上で型破りな高校生ディノ(柳楽優弥)と出会います。ディノには壊れたフェンスなどに包帯を巻くという変わった癖がありました。徐々にディノに惹かれ始め、ワラは傷ついた場所に包帯を巻く「包帯クラブ」を結成します。クラブでの活動を通じて彼女は、様々な人の悩みや苦しみを知り、自分が抱える心の傷とも向き合うようになっていくのでした。

見どころ

心が病んでいるメンヘラ女子高生とおかしな関西弁を話す明るい青年の交流を描いています。デビューしたてで垢抜けていない石原さとみさんとあどけなさの残る柳楽優弥さんのやりとりは必見です。2人の放つ初々しさからは「これぞ青春映画!」という雰囲気が感じられます。自殺、いじめ、両親の離婚など、かなりヘビーなテーマを扱っていますが、ワラとディノのキャラクターに魅力があり、全体的に暗さは感じさせません。

戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTH【2009年】

戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTH
amazon.co.jp

あらすじ

10年前、とある遊園地のお化け屋敷でユキ(蓮佛美沙子)は行方不明になってしまいます。警察も動き出しましたがユキは見つからず、その場にいたケン(柳楽優弥)は目撃者として警察の取り調べを受けます。彼は自分が誤ってユキを殺してしまったと思いこんでいましたが、告白できずにいました。後にケンの前にユキが現れます。ユキは突然発作を起こし、ケンは友人とともに彼女を病院に連れていくのですが…。

見どころ

ギネス記録となっている世界最長のお化け屋敷、富士急ハイランドの戦慄迷宮を舞台に繰り広げられる3Dの体感型ホラー映画です。実在するお化け屋敷をモチーフにしている点や3D演出により、新感覚のホラー映画として注目を浴びました。主人公が精神的、肉体的に追い詰められていく中で、生きる希望を捨てずに謎を解いていく姿には感動すること間違いなしです。

すべては海になる【2010年】

すべては海になる
amazon.co.jp

あらすじ

本に人生を救われた書店員の夏樹(佐藤江梨子)。彼女が読んだ作品の中からおすすめを並べたコーナーは好評となり、たくさんのお客さんが立ち寄っていました。ある日、夏樹はそのコーナーの常連であるより子(渡辺真起子)の息子・光治(柳楽優弥)と出会います。暗い悩みを抱えていた光治の人生ですが、夏樹との出会いによって明るい方向へ導かれていくのでした。

見どころ

この頃の柳楽優弥さんといえば、子どもから大人への転換期でもあり、また睡眠薬を大量に摂取して病院に搬送されるなど、精神的に不安定な状態でもありました。辛い時期に差しかかっていた柳楽さんにしかできない表現で、生い立ちについて深い悩みを抱える光治を演じています。

許されざる者【2013年】

許されざる者
amazon.co.jp

あらすじ

江戸から明治に変わろうとしていた時代、幕府の残党は「蝦夷」と呼ばれた未開の地に追いやられていました。その中にはかつて人斬り十兵衛と呼ばれた釜田十兵衛(渡辺謙)の姿も。十兵衛は好きな女性ができたことから刀を使うことをやめていましたが、ある日、昔の戦友・馬場金吾(柄本明)が賞金首の話を持ちかけてきます。生活に困窮していた十兵衛は賞金のため、沢田五郎(柳楽優弥)とともに再び刀を抜く決心をするのでした。

見どころ

1992年に公開されたクリント・イーストウッド監督の同名映画をリメイクしたものです。主演はハリウッドでも活躍する渡辺謙さん。脇にも佐藤浩市さん、柄本明さん、柳楽優弥さんなど名だたる役者陣が名を連ねます。豪華俳優たちが繰り広げるやりとりはもちろんのこと、なんといっても鬼気迫る殺陣のシーンが魅力です。

闇金ウシジマくん Part2【2014年】

闇金ウシジマくん Part2
amazon.co.jp

あらすじ

漫画やドラマでも人気の『闇金ウシジマくん』、映画版の2作目。金融屋になりたいマサル(菅田将暉)、暴走族の愛沢(中尾明慶)、ホストの神咲(窪田正孝)、神咲に貢ぐ風俗嬢・彩香(門脇麦)、彩香のストーカー蝦沼(柳楽優弥)から命を狙われる丑嶋(山田孝之)。彼らが繰り広げる抗争を描いた作品となっています。

見どころ

原作が高い人気を持つシリーズであり、ストーリーはもちろん面白いのですが、主演クラスが一堂に会した豪華俳優陣にも注目です。特にストーカー役の柳楽優弥さんから放たれる「絶対にヤバイ奴」というオーラは、一見の価値あり。エンドクレジットを見るまで柳楽優弥さんと気づかない人がいるくらい、今までの柳楽さん像をぶち壊した演技となっています。彼の演技に幅が出てきたことを裏付けるのに十分な役作りだったと言えるでしょう。

最後の命【2014年】

最後の命
amazon.co.jp

あらすじ

幼い頃に集団婦女暴行事件に遭遇してしまった桂人(柳楽優弥)と親友の裕一(矢野聖人)。桂人はその時のトラウマから、人との関わりを極力避ける人生を歩んできました。ある日、久しく連絡を取っていなかった裕一から連絡があり再会することになりますが、その夜、桂人の部屋では顔見知りのデリヘル嬢が殺されていました。取り調べを受けた桂人は、裕一が連続婦女暴行の容疑で指名手配されていることを知らされます。果たして事件の真相は…?

見どころ

全体的に重い空気感の映画であり、特に柳楽優弥さんが持つ陰鬱な「かげり」が作品の表情を決定付けています。当時柳楽さんは24歳。まだ若いのにも関わらず、その演技は人生の酸いも甘いも知り尽くしたようです。原作は中村文則さんの小説であり、衝撃の展開に思わず息を呑む重厚なサスペンスとなっています。

ディストラクション・ベイビーズ【2016年】

ディストラクション・ベイビーズ
amazon.co.jp

あらすじ

 
愛媛県のとある港町に住む泰良(柳楽優弥)は、喧嘩三昧の日々を送っていました。自分より強い奴を倒すため松山市の繁華街で不良やチンピラなどを次々に殴っていたところ、彼はとにかく目立ちたがりな高校生・裕也(菅田将暉)と出会います。裕也は泰良の暴力性を利用するために近づき、「俺と組んで大きなことをしよう」と提案。無計画で浅はかな2人の功名心が重なることで、話は思いもよらぬ方向へ展開していくのでした。

見どころ

前半の繁華街で見せる喧嘩シーンは圧巻で、柳楽さんの表情や立ち振る舞いはまさに野獣という言葉がぴったりです。しかしその一方、時折り見せる笑顔はとても無邪気で可愛らしく、どんどん泰良というキャラクターに引き込まれていきます。また柳楽優弥、菅田将暉、小松菜奈と、現在の日本映画界をリードする若手俳優が共演していることも魅力でしょう。

最後に

14歳で日本映画界の巨匠、是枝裕和監督にその才能を見出された柳楽優弥さん。来年には、こちらも日本アカデミー賞最優秀監督賞の受賞経験がある巨匠、木村大作監督の映画『散り椿』への出演が決まっています。今後も彼の活躍から目が離せません!

コメントする

※コメントは承認制となっています。記事とは関係ないコメントやライターへの誹謗中傷は削除される可能性があります。クレイジーについてご意見がある方はお問い合わせください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)