CuRAZY-cinema[クレイジーシネマ]
CuRAZY-cinema[クレイジーシネマ]は映画・ドラマに関するニュースや気になる情報・感想・評価・ネタバレや画像、動画を掲載しています。
J・J・エイブラムスが製作に携わった海外ドラマおすすめ10選

J・J・エイブラムスが製作に携わった海外ドラマおすすめ10選

現在公開中の映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年)』の製作総指揮を担当するJ・J・エイブラムス。公開直後の12月19日時点で世界興行収入が5億ドルを突破するほどの大ヒット。それは、奇抜なストーリーを作り出すJ・J・エイブラムスの柔軟な発想力あってこその結果だと言えます。

今回は、そんなJ・J・エイブラムスが製作総指揮を務める海外ドラマを10作品ご紹介します。

LOST【2004〜2010年】

LOST
amazon.co.jp

あらすじ

旅客機オーシャニック航空815便が無人島で墜落。搭乗していた外科医ジャック(マシュー・フォックス)を含む生存者48人は、目覚めると砂浜に横たわっていました。ジャックのリーダーシップのもと、水や食料を探し協力しながら助けを待つものの、救助隊は一向に現れません。そのうち、生存者たちはこの島に隠された秘密に気づき始めます。

見どころ

J・J・エイブラムスがプロデュースしたドラマの中でも圧倒的人気を誇る本作。島に隠された不可解な謎を追求していく中で、特定のキャラクターの過去が明らかになっていくフラッシュバックの手法が特徴的なSFミステリー。ロック(テリー・オクィン)、ケイト(エヴァンジェリン・リリー)、ソーヤー(ジョシュ・ホロウェイ)などメインキャストだけでも10名以上登場し、「もし自分が生存者だったら」と考えながらストーリーにのめり込んでしまう作品です。

PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニット【2011〜2016年】

パーソン・オブ・インタレスト 犯罪予知ユニット
amazon.co.jp

あらすじ

政府が極秘開発した、テロを事前に察知する犯罪予知システム「マシン」。開発者フィンチ(マイケル・エマーソン)は、政府に売却した「マシン」のバックドアを開き、政府が無用と決めつけたテロ以外の犯罪計画に関係する人物の社会保障番号を入手。犯罪に巻き込まれる可能性のある人を救いたいと考えるフィンチは、元CIAの凄腕職員リース(ジム・ガヴィーゼル)をスカウトして、犯罪を事前に阻止しようと立ち上がります。

見どころ

犯罪を予知して防ぐという新しい視点で描かれたクライム・スリラー。「マシン」が対象者をはじき出す方法にもリアリティがあり、今までの犯罪捜査のドラマとは一線を画す出来栄えとなっています。また、主人公2人が正義を貫く姿は男らしく、徐々に友情が芽生えていく2人の姿にも目が離せません。9.11後のアメリカの社会情勢もうまく反映しており、大人が楽しめるドラマの代表格といえる作品です。

FRINGE/フリンジ【2008〜2013年】

フリンジ
amazon.co.jp

あらすじ

マサチューセッツ州ボストンにあるFBIのフリンジチームに配属された、驚異的な記憶力を持つ捜査官オリビア(アナ・トーヴ)。第2のアインシュタインと呼ばれる天才科学者ウォルター(ジョン・ノーブル)と、その息子ピーター(ジョシュア・ジャクソン)とともに、パターンと呼ばれる怪奇現象を調査することに。フリンジチームは、不可解な事件を追ううちに全世界を揺るがす謎と対峙することになります。

見どころ

世界中で発生する怪奇現象を型破りな方法で解決するSFサスペンス。フリンジサイエンス(境界科学)というニッチな分野に挑戦しつつ、親子の絆など家族についても描かれており、現実味ある作品となっています。また、本作はウォルター博士役を演じたジョン・ノーブルの出世作となりました。

フェリシティの青春【1998〜2002年】

フェリシティの青春
amazon.co.jp

あらすじ

高校卒業の日、フェリシティ(ケリー・ラッセル)はずっと憧れていたベン(スコット・スピードマン)から卒業アルバムにメッセージをもらうことに成功。ベンが「ずっと君を見ていた」と書いたことをきっかけに、フェリシティは進学が決まっていた大学を蹴って、ベンと同じニューヨーク大学に通うことにします。その後、憧れのベンと大学で出会ったノエル(スコット・フォーリー)との三角関係が繰り広げられることになります。

見どころ

憧れの男の子を追って、同じ大学に入学した主人公の大学生活が描かれた青春ラブストーリー。同時期に日本で大ヒットしたドラマ『ビバリーヒルズ青春白書』では、セレブリティな学生の大学生活が映し出されていますが、本作では普通のアメリカの大学生のリアルな姿を見ることができます。また主演を務めたケリー・ラッセルは、本作でゴールデングローブ賞主演女優賞を受賞しています。

エイリアス【2001〜2006年】

エイリアス
amazon.co.jp

あらすじ

大学院生のシドニー(ジェニファー・ガーナー)には、CIAの秘密作戦支部SD-6で働くスパイという裏の顔がありました。ある日恋人にプロポーズされたことを機に、シドニーはCIAエージェントだということを打ち明けてしまいます。その後、情報漏洩を恐れたSD-6に恋人を殺害され、シドニーはSD-6が悪の組織であることに気がついたシドニー。復讐のために本物のCIAのスパイとなった彼女は、SD-6を倒すために二重スパイ生活を始めます。

見どころ

友情、恋愛、裏切り、家族問題を織り込んだ、スピーディーなストーリー展開で描かれた謎解きスパイアクション。『フェリシティの青春』では脇役だったジェニファー・ガーナーをJ・J・エイブラムスが主役に抜擢した本作。潜入コスプレ姿も美しいジェニファーのアクションシーンには注目です!またクエンティン・タランティーノなどの大物ゲストも度々登場しています。

ALCATRAZ/アルカトラズ【2012年】

アルカトラズ
amazon.co.jp

あらすじ

サンフランシスコ湾に浮かぶアルカトラズ島には、脱獄不可能と言われる刑務所がありました。1963年に刑務所が閉鎖される前、302人の囚人たちと看守が忽然と姿を消すという不可解な現象が起こります。サンフランシスコ市警の女刑事レベッカ(サラ・ジョーンズ)は、FBIのハウザー(サム・ニール)と、アルカトラズ研究の第1人者ソト博士(ホルヘ・ガルシア)とともに、失踪した囚人たちの捕獲&失踪の謎解明に挑むことになります。

見どころ

30年以上も前に消えた囚人たちが、当時の姿で現代の世界に現れるというJ・J・エイブラムスらしい斬新な設定のSFスリラー。現在では観光地となっているアルカトラズ島という閉鎖的な空間が舞台となっています。『LOST』のハーリー役でおなじみホルヘ・ガルシアが活躍するので、ホルヘファンには特におすすめのドラマです。

レボリューション【2012〜2014年】

レボリューション
amazon.co.jp

あらすじ

ある日突然、全世界がブラックアウト(大停電)するという事故が発生。それから15年後、電力が復旧しないまま無政府状態となったアメリカの小さな村で、チャーリー(トレイシー・スピリダコス)は家族と平和に暮らしていました。そんな中、村に現れた武装軍がチャーリーの父親を殺害し、弟が拉致されてしまいます。弟の救出を手助けしてもらうために、叔父マイルズ(ビリー・バーク)を探すのものの、彼もまた武装軍に狙われていたのでした。

見どころ

大人気ホラーサスペンス『スーパーナチュラル』のクリエイター、エリック・クリプキが企画を持ち込み実現した作品。ブラックアウト後の荒廃した世界でサバイバルする人々の姿が描かれています。独裁者になろうとする人間を敵とし、電力を復旧させた者が権力を握るというシンプルな設定は、J・J・エイブラムスのドラマとしては意外な展開。ビリー・バーク、グレアム・ロジャース、デヴィッド・ライオンズなど、魅力的な男性俳優陣にも注目です。

オールモスト・ヒューマン【2013〜2014年】

オールモスト・ヒューマン
amazon.co.jp

あらすじ

2048年、科学技術が進歩し犯罪も高度化した時代。凶悪犯に対抗するために、警察では犯罪捜査にアンドロイドを導入し、人間のパートナーとして捜査を行うことを義務づけていました。任務中に片足と相棒を失った刑事ジョン(カール・アーバン)は、昏睡状態から目を覚まし職場復帰するも、アンドロイドとコンビを組むことに。ジョンは戸惑いつつも、人間の感情をプログラミングされたアンドロイドのドリアン(マイケル・イーリー)とともに捜査に挑みます。

見どころ

2048年の地球で、心を閉ざした人間と人間の心を持つアンドロイドがコンビを組み、凶悪事件を解決するSF刑事ドラマ。映画『ブレードランナー(1982年)』と同じように、近未来の世界を描いていて人間の心を持つアンドロイドが登場します。昭和のハードボイルドなアクションが満載となっています。アンドロイド役のマイケル・イーリーの作り物のような美しい顔にも思わず引き込まれること間違いなし。

BELIEVE/ビリーブ【2014年】

あらすじ

冤罪であるにも関わらず死刑が確定し、絶望のどん底にいたテート(ジェイク・マクロクリン)。ところが死刑執行当日、神父に変装した謎の男が現れ、脱獄させる代わりにある少女を守るように言われます。脱獄後、テートは早速その少女ボー(ジョニー・セコイヤ)と対面。念動力という超能力を持つ彼女を利用しようと企む組織から守るための逃避行が始まります。

見どころ

超能力を持つ少女ボーを渦巻く過去が明らかになっていくサスペンス・ドラマ。運命に翻弄されながらも固く結ばれていく2人の絆が描かれています。テートを演じたジェイク・マクロクリンは、現在ヒット中のドラマ『クワンティコ/FBIアカデミーの真実(2016年〜)』でブレイク中。今となっては超貴重となった、本作第1話で見せる長髪姿にも注目です。

ウエストワールド【2016年〜】

ウエストワールド
amazon.co.jp

あらすじ

西部劇の世界を再現した大人のテーマパーク「ウエストワールド」。遊びに来るゲストは、高額な料金を払えば、喧嘩、殺人、レイプなど非日常的な体験をすることができます。そんな人間をホストするのは、最先端の技術力を駆使して作られたアンドロイド。荒れた世界の中で人間の欲望のままに遊ばれ、1日が終わると記憶をリセットされます。しかし、AIを組み込まれたアンドロイドは徐々に学習し、そんな日々に違和感を感じ始めます。

見どころ

マイケル・クライトンが監督した映画『ウエストワールド(1973年)』を原案に、ジョナサン・ローランとJ・J・エイブラムスがタッグを組んで作り上げた大作ドラマ。アンドロイドの自我が目覚めていくというSFの王道のストーリーを、アンソニー・ホプキンス、エヴァン・レイチェル・ウッド、エド・ハリスなど豪華キャストで描いた話題作です。

最後に

以上、J・J・エイブラムスがプロデュースした海外ドラマを10作品ご紹介しました。『スター・ウォーズ』シリーズの最終章『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の公開を終え、2018年には『ミッション:インポッシブル6』の公開を控えるJ・J・エイブラムス。彼が生み出す映画だけでなく、ドラマもチェックしてみてくださいね!

コメントする

※コメントは承認制となっています。記事とは関係ないコメントやライターへの誹謗中傷は削除される可能性があります。クレイジーについてご意見がある方はお問い合わせください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)