CuRAZY-cinema[クレイジーシネマ]
CuRAZY-cinema[クレイジーシネマ]は映画・ドラマに関するニュースや気になる情報・感想・評価・ネタバレや画像、動画を掲載しています。
アクションだけじゃない!ミラ・ジョヴォヴィッチ出演作品10選

アクションだけじゃない!ミラ・ジョヴォヴィッチ出演作品10選

ミラ・ジョヴォビッチと言えば、日本のホラーゲームを題材にした『バイオハザード』で6作に渡り主演を努めるなど、日本とも関わりの深いハリウッド女優です。代表作である同シリーズは彼女の出世作とも言えます。

同じように彼女を象徴する映画は数多くあり、近年ではアクション女優として人気を博しています。そんなミラ・ジョヴォビッチがこれまで出演してきた数々の作品の中からおすすめの10作を紹介します。

ジャンヌ・ダルク【1999年】

91ODZdgYldL._SL1500_
amazon.co.jp

あらすじ

14世紀、後に"百年戦争"と呼ばれるフランスとイギリスの戦争が繰り広げられていました。1人の少女ジャンヌ・ダルク(ミラ・ジョヴォヴィッチ)はある事件をきっかけに心を閉ざしてしまいます。しかしその後、彼女は神の使者として戦争へと向かうことになるのです。

見どころ

リュック・ベッソン監督。1999年に公開され日本でも大ヒットした、ミラ・ジョヴォヴィッチのデビュー初期の作品。伝説的な人物の人生を描いており、神の存在や戦争のリアルな描写、そして主演ミラ・ジョヴォヴィッチの髪形も話題になりました。戦争シーンの娯楽性に加えジャンヌ・ダルクの処刑までを描いた歴史作で、「ジャンヌ・ダルク」をモチーフにした作品の中でも群を抜いて高い知名度を誇っています。

フィフス・エレメント【1997年】

81zT9C3md8L._SL1442_
amazon.co.jp

あらすじ

謎の小惑星や宇宙の殺し屋など、世界に次々と危機が訪れる2214年。タクシー運転手として働くコーベン(ブルース・ウィリス)の元に、ある日空から1人の女性リー・ルー(ミラ・ジョヴォヴィッチ)が降ってきます。彼女はまともに言葉を離せないオレンジ色の髪をした少し変わった女性。しかし世界の運命を左右する力を持っていたのです。

見どころ

遥か先の未来を描く近未来SFとして、現在も高い人気を博しています。作品全体を通して斬新なデザインとなっているのが特徴ですが、やはり一番目を引くのはリー・ルーのルックス。オレンジ色の髪に身体の半分以上が露出しているという、なんとも奇抜な衣装が彼女のキャラクターを際立てています。SFでありながらファンタジー要素もしっかり入った作品です。

ミリオンダラー・ホテル【2000年】

717hDmZ0sEL._SL1150_
amazon.co.jp

あらすじ

青年トムトム(ジェレミー・デイビス)が身を寄せる「ミリオンダラー・ホテル」は、一風変わった人々が住む場所。彼は密かに、そこに住むエロイーズ(ミラ・ジョヴォヴィッチ)へ想いを寄せます。しかし、平和な日常はある不幸な出来事から少しずつ変わっていくのです。

見どころ

主人公が恋心を寄せるヒロインは、ミラ・ジョヴォヴィッチには少し珍しい役どころで、現在のアクション女優っぷりとは少し違う一面を見ることができます。さらに、2000年の第50回ベルリン国際映画祭にて銀熊賞にも輝いた本格的なヒューマンドラマです。

THE 4TH KIND フォース・カインド【2009年】

71H4TlIXE-L._SL1000_
amazon.co.jp

あらすじ

静かな町アラスカ州ノームで行方不明者が続出する事件が発生。精神科医として働くアビゲイル・タイラー博士(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は、不眠症状を訴える患者の数が増えていることに気づきます。錯乱してしまう者もいる中で博士が出した仮設は、宇宙人の存在でした。

見どころ

実際の事件を基にしたドキュメンタリー風の映画となっており、宇宙人という存在をテーマにホラー調の物語が進行します。ミラ・ジョヴォヴィッチが演じた心理学者の姿に魅了される人も多いはずです。

ウルトラヴァイオレット【2006年】

71x-BJZmYNL._SL1000_
amazon.co.jp

あらすじ

人類に新たなウィルスの脅威が迫る世界。そのウィルスは人類の身体能力を飛躍的に向上させるとともに、感染すると12年で死に至らしめるというものでした。それを恐れた人々は感染者の根絶を計画し最終兵器を作り出します。それを阻止するため送り込まれたのが感染者であるヴァイオレット(ミラ・ジョヴォヴィッチ)でした。

見どころ

ミラ・ジョヴォヴィッチの真骨頂であるSFアクション。キレの良い動きはもちろん、スタイリッシュな衣装も特徴で、これぞミラ・ジョヴォヴィッチと言わざるを得ない作品となっています。また、日本でも同じ世界観を持ったアニメ作品『ウルトラヴァイオレット:コード044』が制作されました。

パーフェクト・ゲッタウェイ【2009年】

51jG5WFPicL
amazon.co.jp

あらすじ

新婚旅行中のシドニー(ミラ・ジョヴォヴィッチ)とクリフ(スティーヴ・ザーン)は、ハワイのカウアイ島を目指して山の中を歩いていました。その道中、2人は自分たちと同じようなカップル数組と出会い、時には共に行動していました。しかし、その中に近くで起きた殺人事件の犯人が紛れていたのです。

見どころ

ラストに衝撃の展開が待つミラ・ジョヴォヴィッチ主演のサスペンス映画。初めは彼女の楽しそうな顔が見れる本作ですが、物語が進むにつれ次第にアクション要素が増えていきます。さらに、共演者にマーベルシリーズ『マイティ・ソー(2011年)』のソー役でお馴染みクリス・ヘムズワースも出演しており、『マイティ・ソー』以前の彼を見ることのできる貴重な作品でもあります。

三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船【2011年】

61D2xXtJ25L
amazon.co.jp

あらすじ

人一倍の無鉄砲さと勇気を持つ青年ダルタニアン(ローガン・ラーマン)。パリの地に足を踏み入れた彼は、その地で大きな存在となっている3人の騎士「三銃士」と行動を共にすることに。3人には「王妃の首飾り」を奪還するという目的があり、彼もそこに加わることになります。しかし、それを阻止するの謎の美女ミレディ(ミラ・ジョヴォヴィッチ)が現れます。

見どころ

17世紀のヨーロッパを舞台に、有名な「三銃士」を原作とした物語が展開。監督は『バイオハザード』シリーズのポール・W・S・アンダーソン、そしてミラ・ジョヴォヴィッチが出演とまさに夢のようなコラボレーション。彼女が演じる、派手なドレスに身を包んだミレディのキレのあるアクションシーンは必見です。

ブルーラグーン【1991年】

51tA1eCHExL
amazon.co.jp

あらすじ

南太平洋を航海していた未亡人サラ(リサ・ペリカン)は、小さな女の子の乗った船に遭遇。一緒に船に乗っていた両親は既に死んでおり、サラは女の子リリー(ミラ・ジョヴォヴィッチ)を引き取ることになります。しかし、サラの乗る船に伝染病が発生したため、自身の子どもとリリーと共に船を離れ無人島へと向かうことにしました。それから数年後、サラは死に2人の子どもだけになったその島に、ある日貿易船が辿り着きます。

見どころ

公開当時まだ10代だった若かりし日のミラ・ジョヴォヴィッチが主演を務めている本作。美しくキレのある姿を見せる現在とは違って、野性味溢れる自然な姿を見ることができます。今ではあまり見ることがないロングヘアも印象的で、活動初期の作品としてファンには堪らない1作です。

プリティ・イン・ニューヨーク【2002年】

315C44Q2THL
amazon.co.jp

あらすじ

愛する彼女の浮気で独り身となった青年オーウェン(デヴィッド・クラムホルツ)。友人から1人の女性ナディーン(ミラ・ジョヴォヴィッチ)を紹介されますが、初めて会った場で元カノへの未練を告白し、ナディーンを怒らせてしまいます。そんな2人もいつしか友達になり、それ以上の想いを抱きはじめ...。

見どころ

既に『バイオハザード』、『フィフス・エレメント』などのアクション映画へ出演していたミラ・ジョヴォヴィッチの貴重なラブコメ作品。今作では、走って殴って撃つといった彼女とは全く正反対のキュートな姿が目白押しで、出演作品の中でトップクラスの可愛さを見せています。

バイオハザードシリーズ【2002年~2016年】

91oD+lAaV+L._SL1500_
amazon.co.jp

あらすじ

地下研究所で発生したバイオハザード(生物災害)。アリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)の活躍で一度は収束したかと思われましたが、その後ウィルスは世界中に蔓延してしまいます。そこからアリスと仲間たちによるウィルスとの戦いが始まりますが、そこには陰謀が渦巻いていました。

見どころ

シリーズ合計6作、10年以上に渡り出演したミラ・ジョヴォヴィッチの代表作です。日本のテレビゲームを原作にしたオリジナルのストーリーが描かれ、度々ゲームシリーズからの人気キャラクターが登場することでも話題になりました。

さらに、日本からも中島美嘉やローラなどが出演しています。ミラ・ジョヴォヴィッチの魅力が全て詰まったこのシリーズ作品で彼女のファンになった人も多いのではないでしょうか。

最後に

A post shared by Milla Jovovich (@millajovovich) on

ミラ・ジョヴォヴィッチ公式Instagramアカウント(@millajovovichVerified)より

1988年に映画デビューを飾り、2018年には女優活動30周年を迎えるミラ・ジョヴォヴィッチ。アクション・サスペンスそしてラブコメと30年で数々の顔を見せてくれました。現在では子どもも生まれ母親となり、2016年の『バイオハザード:ザ・ファイナル』では娘との共演もありました。今後新たに見せるであろう母親としての一面にも期待です。

コメントする

※コメントは承認制となっています。記事とは関係ないコメントやライターへの誹謗中傷は削除される可能性があります。クレイジーについてご意見がある方はお問い合わせください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)