CuRAZY-cinema[クレイジーシネマ]
CuRAZY-cinema[クレイジーシネマ]は映画・ドラマに関するニュースや気になる情報・感想・評価・ネタバレや画像、動画を掲載しています。
筋肉好き必見!ジェイソン・ステイサムのおすすめ肉体派映画10選

筋肉好き必見!ジェイソン・ステイサムのおすすめ肉体派映画10選

イングランド人俳優のジェイソン・ステイサムは、水泳の飛び込み選手をしていたという異色の経歴をもっています。現役引退後は肉体美を活かし、モデルとして活動したのち、俳優へ転身します。どんな派手なアクションシーンも、ほぼスタントを使わずに自身で演じるなど、高い身体能力を存分に活用した演技が魅力。驚異的なドライビングテクニックを駆使して弱者を助ける闇の運び屋を演じた『トランスポーター』シリーズにより、一躍有名となりました。

今回は、今や人気アクションスターとしての地位を確立したジェイソン・ステイサムのおすすめ映画10選をご紹介いたします!

スナッチ【2001年】

スナッチ
amazon.co.jp

あらすじ

86カラットのダイヤモンドを盗み出すことに成功したフランキー(ベ二チオ・デル・トロ)率いる強盗団ですが、水面下では密かな裏切りが進行していました。一方、ロンドンで裏ボクシングを仕切るプロモーターのターキッシュ(ジェイソン・ステイサム)は天才的なボクシングの腕を持つミッキー(ブラッド・ピット)を八百長に利用しようと目論んでいます。無関係に思える彼らが交錯する時、事態は思わぬ方向へ。誰もが自分勝手な行動をするなか、最後にダイヤモンドを手にするのは誰でしょうか。

見どころ

ジェイソン・ステイサムは主人公であるボクシングのプロモーターを好演しており、物語の狂言回しとしての役割も担っています。ガイ・リッチー監督らしい、目まぐるしくも緩急のついたスタイリッシュな映像が魅力です。全身タトゥーのボクサーを若き日のブラッド・ピットが演じており、豪華な共演もポイント。

ザ・ワン【2002年】

ザ・ワン
amazon.co.jp

あらすじ

多次元宇宙捜査局(MVA)が125ものパラレルワールドを管理する世界で、元MVAのユーロウ(ジェット・リー)が別宇宙の自分を殺害するという事件が発生。彼は他の宇宙にいる自分を滅ぼすことで全知全能の存在になろうとしていました。ついにユーロウの分身は一人を残すのみとなり、残されたゲイブ(ジェット・リー)は仲間とともにユーロウを止めようと闘いに挑みます。

見どころ

ポイントはやはり、「ザ・ワン(唯一無二の存在)」になろうとするユーロウと立ち向かうゲイブの、一人二役というアクロバットに挑んだカンフーバトルです。全宇宙の調和のために彼を捕らえようとする捜査官、ファンチ(ジェイソン・ステイサム)も実に良い味を出しています。

トランスポーター【2003年】

トランスポーター
amazon.co.jp

あらすじ

「契約厳守」「依頼主の名前は聞かない」「依頼品は開けない」という3つのルールを己に課す運び屋フランク(ジェイソン・ステイサム)。しかしある日、絶対のはずだったルールを破り、依頼品と自分の命を守る戦いに巻き込まれることに。彼は危機的状況を、卓越したドライビングテクニックと格闘術を駆使して乗り越えていきます。

見どころ

観ていて爽快なのは、なんといっても運び屋としての芝居の本懐、フランクがさまざまなカスタムを施した愛車BMWで疾走するシーン。さらに疾走感のある演出は肉体美全開のバトルシーンにも見られ、まさにノンストップアクションという呼び名が相応しい作品です。シリーズとしても高い人気を得ていますが、ちなみにステイサムが続投した『トランスポーター2(2006年)』『トランスポーター3 アンリミテッド(2009年)』ではBMWではなくアウディに乗っています。

ミニミニ大作戦【2003年】

ミニミニ大作戦
amazon.co.jp

あらすじ

仲間の裏切りにより、最新式金庫におさめられている1トンの金塊を盗むことに失敗したチャーリー(マーク・ウォールバーグ)。彼は、作戦で命を落とした仲間のために再挑戦を決意し、必ず成功させるために一から計画を練り直していきます。最強のチームを揃えて組み上げられた新しい作戦の要は、なんと3台の名車ニューミニで…?

見どころ

注目すべきは、名前に違わず本当にハンサムな振る舞いをするという、ハンサム・ロブ(ジェイソン・ステイサム)のキャラクター性でしょう。ストーリー的には脇役でありながら、コミカルな場面もシリアスな場面も存在感はばっちり。仲間とのポップな掛け合いが非常に面白く、幅広い層が楽しめる映画です。

セルラー【2005年】

セルラー
amazon.co.jp

あらすじ

突然見知らぬ男たちに誘拐、監禁されたジェシカ(キム・ベイシンガー)は、破壊された電話を何とか修復し、偶然つながった青年へ助けを求めます。一度はいたずら電話と勘違いしますが、必死な訴えに負けて動き出す少年。果たして、無事に彼女を助けられるのでしょうか。

見どころ

ソリッドシチュエーションに近いサスペンスでありながら、緊迫感と動きがあるストーリー構成になっており、一挙両得のような楽しみ方ができる作品です。主犯格の男を演じるジェイソン・ステイサムは、得意とするコミカルな演技を封印して、頭の切れる恐ろしい荒くれ男に扮しています。

アドレナリン【2007年】

アドレナリン
amazon.co.jp

あらすじ

フリーランスの凄腕スナイパーであるシェブ(ジェイソン・ステイサム)は、アドレナリンを常に出し続けないと心停止する毒薬を投与されてしまいます。興奮が収まれば即死亡という絶望的な状況に立たされたシェブは、心停止に至らないよう、興奮剤やエピネフリン、コカイン、AEDまで使って奮起し続け、復讐のために突き進みます。

見どころ

設定からして「ギャグか?」と思ってしまうほどの、突き抜けた全力疾走っぷりが見事な作品。まさにパワフルアクション俳優ジェイソン・ステイサムの面目躍如と言える、ハイテンションな暴れっぷりに注目です。さらに、全体的に疾走感がみなぎるなか、おバカでキュートなシェブの恋人イヴ(エイミー・スマート)が緩急をつけており、良い味を出しています。続編の『アドレナリン2 ハイ・ボルテージ』は、日本でR-18に指定されるほど過激な仕上がりとなりました。

バンク・ジョブ【2008年】

バンク・ジョブ
amazon.co.jp

あらすじ

ロンドン、ベイカーストリートの貸金庫を襲ったテリー(ジェイソン・ステイサム)ら強盗犯は、金や宝石とともに、保管されていたイギリス王室のスキャンダルを暴いてしまいます。それにより政府のエージェントなど様々な刺客から狙われることになったテリーたち。かん口令が敷かれ、事件に関する報道がストップするなかで彼らは逃げ惑いますが…。

見どころ

イギリス王女のハレンチな写真を一緒に盗み出してしまったがために、中古車販売店主から一躍「極悪犯」に仕立て上げられてしまったテリーを演じたジェイソン・ステイサム。危険なシチュエーションでもどこかポップに立ち回る、絶妙なバランスの演技が光ります。1971年にロンドンで実際に起こった「ウォーキートーキー強盗」もとにして製作された映画であり、これだけの騒動が史実にのっとっているというのが面白いところです。

エクスペンダブルズ【2010年】

エクスペンダブルズ
amazon.co.jp

あらすじ

バーニー(シルベスター・スタローン)をリーダーとする傭兵軍団エクスペンダブルズに舞い込む依頼は困難なものばかり。ある中南米の孤島を支配する独裁者の始末を依頼されたメンバーでしたが、依頼の内容が部分的に隠されていたことで、一同は追っ手を排除しつつ島から脱出する羽目になります。CIAの絡んだ大きな作戦であったことを知ったエクスペンダブルズは依頼を受けるかどうかで対立。さらにそこへ、以前命令無視によって除隊されたガンナー(ドルフ・ラングレン)が襲来し―。

見どころ

まさに筋肉俳優大集合との様相を呈した、近年のアクション映画の代名詞とも言える作品です。アクションスターだらけということで、それぞれの作品をパロディした台詞が随所にみられます。ちなみにジェイソン・ステイサム演じるリー・クリスマスは、しばしば囁かれる「頭髪の薄さ」について軍団の仲間にからかわれるシーンがあります。

ワイルド・スピード SKY MISSION【2015年】

ワイルド・スピード SKY MISSION
amazon.co.jp

あらすじ

国際的な犯罪組織から愛するレティ(ミシェル・ロドリゲス)を取り戻したドミニク(ヴィン・ディーゼル)でしたが、弟を打倒された復讐に燃えるデッカード(ジェイソン・ステイサム)に仲間を殺されてしまいます。デッカードに対してイニシアチブを取るために監視プログラム「ゴッド・アイ」が必要と感じたファミリーは、とある組織の交換条件に乗り、空からの急襲作戦に挑むなど、デッカードを倒すために奔走します。

見どころ

『ワイルド・スピード』シリーズ7作目にあたります。深まる出演者たちの絆と、年々スケールを増すカーアクションに注目。目玉となる空からのカースタントは圧巻です。今作では悪役として主人公の前に立ちはだかるジェイソン・ステイサムですが、シリーズ8作目となる『ワイルド・スピード ICE BREAK(2017年)』では主人公グループと共闘しています。2作合わせての視聴がおすすめです。

ハミングバード【2014年】

ハミングバード
amazon.co.jp

あらすじ

アフガニスタンで、仲間を殺されたことに逆上し軍規違反を犯したジョゼフ(ジェイソン・スティサム)。逃亡し路上生活を送りながら裏の仕事をこなす日々の中で、慰めを与えてくれたのは、ホームレスの少女との心の交流だけ。しかしやがてその少女はギャングたちの手にかかり、変わり果てた姿で発見されます。ジョゼフは怒りに駆られ、再び復讐のために武器を取るのでした。

見どころ

健気に生活していたところを誘拐されてしまう少女、自分をレイプした犯人を殺害しその罪と向き合う修道女など、弱い立場にいる人々が懸命に生きる姿に注目。ジェイソン・ステイサム出演の他作品よりシリアス度が高く、ダークな復讐劇の描写が印象的です。思いがけないラストには息を呑んでしまいます。

最後に

いかがでしたか?年齢を重ねても衰えることのない筋肉を、いつも惜しげもなく披露してくれるジェイソン・ステイサム。ストレスを吹き飛ばしたくなった時、スカッとしたい時には、ぜひ作品をチェックしてみてくださいね。

コメントする

※コメントは承認制となっています。記事とは関係ないコメントやライターへの誹謗中傷は削除される可能性があります。クレイジーについてご意見がある方はお問い合わせください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)