CuRAZY-cinema[クレイジーシネマ]
CuRAZY-cinema[クレイジーシネマ]は映画・ドラマに関するニュースや気になる情報・感想・評価・ネタバレや画像、動画を掲載しています。

泣けて笑える!年代別『映画クレヨンしんちゃん』一挙紹介(後編)

臼井義人の漫画が原作の人気アニメ『クレヨンしんちゃん』。前編ではそんなしんちゃんの劇場版アニメを1996年〜2004年まで、年代順にご紹介しました。今回の後編では、水島努監督からムトウユージ監督にバトンタッチした13作目よりスタート。『嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲(2001年)』や『嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦(2002年)』といった金字塔作品を経て、劇場版クレヨンしんちゃんシリーズは2010年代末にかけて新たなピークを迎えます。

クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶブリブリ 3分ポッキリ大進撃【2005年】

クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶブリブリ 3分ポッキリ大進撃
amazon.co.jp

あらすじ

時空の乱れにより怪獣が次々と現れる事態を収拾するために、未来からやって来た時空調整員ミライマン(村井国夫)。そんなミライマンはひょんなことから、うっかり野原家のシリマルダシの人形に憑依して離れられなくなります。ミライマンは世界を救うためにも、野原家の面々に3分後に世界に現れる怪獣と戦うことをお願いするのでした。

見どころ

本作はヒーロー映画、そして怪獣映画がテーマ。いつもは事件に巻き込まれていく野原一家が、率先して戦いに挑んでいく珍しいストーリーになっています。しかしそこにはある落とし穴があり、結果的に"ヒーローとは何か"というテーマに切り込むことに。映画シリーズでは珍しいデザインのキャラクターが数々登場するところも魅力の1つです。

クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!【2006年】

クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!
amazon.co.jp

あらすじ

自分にそっくりな偽者が現れ、いつの間にか本人と入れ替わってしまっているという"カスカベ都市伝説"。そんな噂が流れる中、しんのすけ(矢島晶子)とその周りの人々にも異変が見られるようになっていきます。そしてついにある日、しんのすけはスーパーでもう1組のみさえ(ならはしみき)とひまわり(こおろぎさとみ)に出会うのでした。

見どころ

楽しそうなタイトルに反して、映画シリーズきっての不気味なホラー演出が光る一作。永井豪の名短編漫画「ススムちゃん大ショック」に通ずる、風間くんが体験する切なくも怖い顛末に注目です。物語の舞台はしんのすけたちが住むカスカベのみで、比較的規模は小さいですが、その中でも必死に戦う彼らに目が離せません。

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!【2007年】

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!
amazon.co.jp

あらすじ

沖縄旅行を楽しむ野原一家でしたが、その最中にシロ(真柴摩利)のお尻に謎の物体がくっついてしまうという事態に見舞われます。なかなか取れないその物体は、実は宇宙人の爆弾であることが明らかに。爆発から地球を守るためシロを宇宙へ送り出そうとする人々に対し、しんのすけ(矢島晶子)は1人でシロとともに外へ飛び出すのでした。

見どころ

劇場版15作目にして初めて、野原家の愛犬シロにスポットを当てた一作。悪の勢力が1つだけではなかったり、シロとしんのすけの友情がフィーチャーされたり、まだこんな手が残っていたのかと思わせる新鮮な展開が目白押しです。所々ミュージカル風の味付けになっている点も面白さの1つでしょう。

クレヨンしんちゃん ちょー嵐を呼ぶ 金矛の勇者【2008年】

クレヨンしんちゃん ちょー嵐を呼ぶ 金矛の勇者
amazon.co.jp

あらすじ

人間界を支配しようとする悪の帝王アセ・ダク・ダーク(銀河万丈)。そんな彼の闇を打ち払うであろう"3つの宝"と"勇者の伝説"に恐れたアセ・ダク・ダークは、宝を奪おうと画策します。しかし"金の矛"と"銀の盾"が人間界に紛れ込んでしまうことに。

時を同じくして、しんのすけ(矢島晶子)はデパートで新しいおもちゃ"アクションソード"を買ってもらうのですが、家に帰るとそれがものさしに変わっていたのです。

見どころ

最初期に映画シリーズの監督を務めてきた本郷みつる監督が久しぶりの再登板。当時、泣ける映画をクレヨンしんちゃんに求める風潮が強まっていたのに対し、これでもかと言わんばかりに強めたファンタジックな世界観で、キッズアニメとして再起を図ったような作品です。

一方で、クレヨンしんちゃんらしいナンセンスギャグにより、ただのキッズアニメに着地させないところがまた面白い部分となっています。

クレヨンしんちゃん オタケベ!カスカベ野生王国【2009年】

クレヨンしんちゃん オタケベ!カスカベ野生王国
amazon.co.jp

あらすじ

ある日、しんのすけ(矢島晶子)が河原で拾ってきた液体をひろし(藤原啓治)とみさえ(ならはしみき)がうっかり飲んでしまいます。すると、ひろしはニワトリに、みさえはヒョウに姿が変わってしまいました。この液体は実は、カスカベ市ふたば町の町長に新たに就任した四膳守(山寺宏一)と大きく関わっていたのです。

見どころ

動物と環境問題をテーマにした一作。これまでは父ひろしが活躍することが多かった映画シリーズですが、今回は母みさえにスポットが当てられ、母と子の物語が1つの肝になっています。まだ映画シリーズでやっていなかったことをフォローしながら、クレヨンしんちゃんらしいハチャメチャなギャグ映画に仕上がっており、笑いと涙を届けてくれるでしょう。

クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁【2010年】

クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁
amazon.co.jp

あらすじ

家出を宣言したばかりのしんのすけ(矢島晶子)が公園で出会ったのは、彼の未来の婚約者であると自称する謎の女性タミコ(釘宮理恵)。彼女は窮地に陥った未来のしんのすけを助けるために現代へとやって来たのでした。未来のしんのすけの言葉を信じ、しんのすけとカスカベ防衛隊の面々は、タミ子とともに未来の世界へ旅立ちます。

見どころ

"将来のしんのすけのフィアンセ"という面白いアイディアでゲストキャラクターを迎え、クレヨンしんちゃんらしからぬ、思わず胸キュンしてしまう作品に仕上がっています。当時は原作者の臼井儀人さんが亡くなったばかりで、クレヨンしんちゃんが終わるのではないかという不安の声がありました。そんな声を払拭しようとするかのようにしんのすけが叫ぶメッセージにも注目です。

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦【2011年】

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦
amazon.co.jp

あらすじ

レモン(愛河里花子)と名乗る女の子からアクション仮面のメッセージを受け取ったしんのすけ(矢島晶子)。しんのすけはアクション仮面のためにもスパイになる決心をし、レモンと訓練を開始します。その後ヘーデルナ王国に侵入し、"正義のカプセル"の奪還に挑む2人でしたが、レモンはしんのすけに言えない秘密を抱えており…。

見どころ

今回のテーマはスパイアクション映画。女の子のスパイ、レモンの家族と野原家の対比により、親子の在り方を問う1作です。スパイアクション映画ですが、なぜかホラー映画『シャイニング(1980年)』のオマージュシーンがあったりと、増井壮一監督によるコアな映画愛が顔を覗かせているところも魅力。

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス【2012年】

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス
amazon.co.jp

あらすじ

しんのすけ(矢島晶子)は謎の2人組が持って来た、彼らがひまわり(こおろぎさとみ)を預かる内容の契約書にうっかりサインをしてしまいます。そして契約書の主である宇宙人によって、ヒマワリ星へと連れ去られてしまう野原家。

ヒマワリ星に到着した野原家は、ひまわりが宇宙の平和のために、この星の姫にならなければいけないと知らされます。果たして野原家は宇宙のために、ひまわりとの別れを選ぶのでしょうか。

見どころ

記念すべき劇場版20作目は、しんのすけの妹ひまわりをフィーチャー。本質的な悪役が存在しない物語となっており、妹と宇宙を天秤にかけられるという非常に難しい課題にしんのすけが挑みます。観ているこちらもその決断に苦しむ内容なだけに、最後のしんのすけが少しだけお兄さんとしてレベルアップする瞬間は、とても温かい気持ちになるでしょう。

クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!【2013年】

クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!
amazon.co.jp

あらすじ

カスカベで開催されるB級グルメカーニバル。しんのすけ(矢島晶子)はカスカベ防衛隊のメンバーとともに会場に向かいますが、その道中で謎の女性しょうがの紅子(渡辺直美)からソースを会場に届けるよう頼まれます。

依頼を引き受けたしんのすけたちでしたが、そのソースの正体はB級グルメ撲滅を目論む"A級グルメ機構"が狙う伝説のソースだったのです。A級グルメ機構の幹部たちがソースを求め襲ってくる中、必死に会場を目指すカスカベ防衛隊ですが…。

見どころ

メッセージがどんどん複雑になってきていた映画シリーズでしたが、今回は明快な内容でまさに原点回帰したような作品。いつも以上によく動くしんのすけに目が離せません。たくさん笑えて最後はちょっと泣ける、そんなクレヨンしんちゃん"らしい"展開に魅了されること間違いなしです。下品さがアイコンの1つであるクレヨンしんちゃんで、食べ物を題材にした点にも注目。

クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん【2014年】

クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん
amazon.co.jp

あらすじ

エステの無料体験を受けた父ひろし(藤原啓治)は、家に帰ると自分の体がロボットに変わっていることに気づきます。その姿に驚き警戒心剥き出しのみさえ(ならはしみき)に対し、大喜びするしんのすけ(矢島晶子)。ロボットの姿でもう1度みさえとの絆を取り戻そうとするひろしでしたが、実はこの出来事にはある陰謀が隠されていたのです。

見どころ

金字塔となっていた『嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲(2001年)』や『嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦(2002年)』を思わぬアイディアで揺るがす存在となった本作。実はとても重たく辛いストーリーなのですが、クレヨンしんちゃんらしいコーティングで笑って楽しめる非常に熱い作品に仕上がっています。

クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃【2015年】

クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃
amazon.co.jp

あらすじ

父ひろし(藤原啓治)の異動が決まり、メキシコに引っ越すことになった野原家。親しいカスカベの面々との感動的な別れも束の間、メキシコでしんのすけ(矢島晶子)たちを待ち受けていたのは変わった異国の人々と、非常に狂暴なサボテンでした。人間を捕食して歩くサボテンに、野原家はどう立ち向かっていくのでしょうか。

見どころ

本作はタイトルからは想像できないモンスターパニック映画になっています。前半と後半で全く別の雰囲気を纏い、最後のある点でスポンッと1つの物語に収まるところが非常に気持ちいいでしょう。野原家とメキシコの人々がともに奮闘する姿に注目。

また本作は映画シリーズで最も高い興行収入を記録し、第25回日本映画批評家大賞も受賞しました。

クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃【2016年】

クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃
amazon.co.jp

あらすじ

人々が悪夢ばかりを見るようになってしまったカスカベを救うため、しんのすけ(矢島晶子)たちはふたば幼稚園に新たに入園してきた女の子・貫庭玉サキ(川田妙子)とともに原因を探ります。悪夢の原因がサキの父・夢彦(安田顕)であることを突き止めたしんのすけたちは、ある作戦を立て戦いに挑むことに。

見どころ

本作は劇団ひとりが脚本に参加していることでも話題になりました。悲しい立場にあるゲストキャラクター、サキを、しんのすけと愉快な仲間たちが協力して笑顔にしていく感動的な物語。親とは何なのかという問いに、クレヨンしんちゃんらしい答えが添えられています。

クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ【2017年】

クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ
amazon.co.jp

あらすじ

野原家の屋根に墜落したUFO。そこから現れた宇宙人シリリ(沢城みゆき)の光線によって、ひろし(森川智之)とみさえ(ならはしみき)は子どもの姿に戻されてしまいます。ひろしとみさえは元に戻ろうとしますが、生き物を若返らせることは出来ても、それを元には戻せないと言うシリリ。

シリリの父なら2人を元に戻せるかもしれないということで、種子島を目指すことになった野原家ですが…。

見どころ

2017年時点での最新作であり、25周年記念作品。ゲストキャラクター、シリリとの対比で、野原家やしんのすけの良い面から教訓が自然と浮かび上がってくる1作です。注目すべきは歴代映画作品から、ゲストキャラクターやアイテムがカメオ出演している点。過去の作品を観てきた人は是非押さえておきたいポイントです。

最後に

以上、前編と後編合わせて『映画クレヨンしんちゃん』シリーズ全25作品を一挙にご紹介しました。クレヨンしんちゃんほど作品ごとに色が全く違うアニメシリーズは本当に珍しいです。人によってこれが好き、あれが好きなど意見もバラバラになるでしょう。全シリーズを観終えた後に自分のイチ押しの作品を家族や友だちと共有して、違いを楽しむのもおすすめです。

是非今回ご紹介した25作品の中から、これだ!という作品を見つけてみて下さい。