CuRAZY-cinema[クレイジーシネマ]
CuRAZY-cinema[クレイジーシネマ]は映画・ドラマに関するニュースや気になる情報・感想・評価・ネタバレや画像、動画を掲載しています。
70歳にして最強!アーノルド・シュワルツェネッガーの傑作映画10選

70歳にして最強!アーノルド・シュワルツェネッガーの傑作映画10選

遂に完全復活の時へのカウントダウンが始まった、シュワちゃんことアーノルド・シュワルツェネッガー。かつて1980~90年代のハリウッドを牽引し続けた稀代のカリスマは、カリフォルニア州知事の任期を全うしての銀幕復帰以来、この時を虎視眈々と狙っていたのかもしれません。

盟友ジェームズ・キャメロンと再タッグを組み、2019年公開予定の『ターミネーター』最新作から始まり、過去の代表作リブート&続編企画が破竹の勢いで進んでいます。

70歳にして本格再始動したアーノルド・シュワルツェネッガーの、最強伝説のラインナップをご紹介致します。

コナン・ザ・グレート【1982年】

コナン・ザ・グレート
amazon.co.jp

あらすじ

幼き頃、侵略者によって両親を殺されたあげく捕えられ、奴隷として過酷な日々を過ごした青年コナン(アーノルド・シュワルツェネッガー)。劣悪な環境下で屈強な肉体と強靭な精神を会得したコナンは、ある日商人の手により解放され、自由の身になります。旅の途中で盗賊仲間を得たコナンは、神殿に眠る財宝を狙って侵入した先で見つけた紋章が、両親を殺したタルサ(ジェームズ・アール・ジョーンズ)の紋章と同じ事に気付きます。

見どころ

ボディビル世界一の座を極め、やがて俳優業へと進出した彼の出世作。ジョン・ミリアス監督による硬派でダークな作風と、目を疑う程の肉体美が融合し、ヒロイック・ファンタジーの金字塔を創り上げました。続編の『キング・オブ・デストロイヤー/コナンPART2(1984年)』、リブート作『コナン・ザ・バーバリアン(2011年)』、そして何と現在、シュワルツェネッガー主演による『The Legend of Conan』の製作も噂されています。

ターミネーター【1985年】

ターミネーター
amazon.co.jp

あらすじ

2029年、人類抹殺を企てる人工知能"スカイネット"は、脅威を感じている抵抗軍指導者ジョン・コナーを殺すため、未来から現代に"ターミネーター(アーノルド・シュワルツェネッガー)"をタイムワープで送り込みます。そして、母親サラ・コナー(リンダ・ハミルトン)を抹殺し、その息子ジョン・コナーを歴史から抹消しようと目論みます。そのターミネーターから自分の母親を守るため、ジョン・コナーが未来から送った抵抗軍戦士カイル・リース(マイケル・ビーン)。サラを巡った戦いが始まります。

見どころ

今やハリウッドのトップに君臨するジェームズ・キャメロン監督と組み、世界的なヒットを果たしたSFアクション。低予算ながら、予測不可能なストーリー展開と全編に渡るアクション、そしてシュワルツェネッガー扮するターミネーターの、無慈悲で寡黙で無敵というキャラクターが圧倒的な人気を得ました。その後シリーズ化され、2019年にはキャメロンとの再タッグで新作が公開予定です。

コマンドー【1986年】

コマンドー
amazon.co.jp

あらすじ

元陸軍コマンド部隊隊長として活躍したジョン・メイトリックス(アーノルド・シュワルツェネッガー)が、武装集団による襲撃に遭い捕捉されます。黒幕は、かつて失脚させられた恨みを持つ南米の独裁者アリアス(ダン・ヘダヤ)。愛娘を人質に取られた彼は、南米に向かうと見せかけて途中で密かに逃走し、娘を取り戻すべく単独で救出作戦を開始します。

見どころ

シュワルツェネッガー=無敵のヒーローというイメージを決定付けた、記念碑的傑作アクション。オープニングからエンディングまで、気分爽快なアクションとコミカルなセリフ回しの連続で、退屈させない娯楽作となっています。

プレデター【1987年】

プレデター
amazon.co.jp

あらすじ

ダッチ少佐(アーノルド・シュワルツェネッガー)率いる特殊部隊は、南米のゲリラ部隊に誘拐された要人たちを救出するべく極秘任務を遂行。しかしその任務自体が陰謀だったばかりか、ジャングルに潜んだ謎の異星人により、隊員たちが次々と惨殺されます。残されたダッチ少佐は、やがて一対一の壮絶な戦いに身を投じます。

見どころ

ジャングルの密林に、体を透明化して潜む狩猟異星人"プレデター" VS 最強の兵士という斬新な設定で描くSFアクション。満身創痍で咆哮を上げながらタイマン勝負に挑むクライマックスは必見です。メガホンを取ったジョン・マクティアナンは、本作の大ヒットにより『ダイ・ハード(1989年)』でも監督に抜擢されました。

レッドブル【1988年】

レッドブル
amazon.co.jp

あらすじ

米ソ冷戦中、ロシア麻薬市場を牛耳る極悪人ヴィクトル(エド・オロス)が、逃亡先のシカゴで偶然にも逮捕されます。身柄引渡しのためシカゴへやって来たイワン・ダンコー大尉(アーノルド・シュワルツェネッガー)による護送を、部下にまんまと襲撃させたヴィクトルはそのまま逃走。大尉とシカゴ市警のリジック刑事(ジェームズ・ベルーシ)という、犬猿コンビによる決死の追跡劇が開始されます。

見どころ

『48時間(1983年)』のウォルター・ヒル監督がメガホンを取り、史上初のモスクワロケが敢行されたことでも有名な、硬派かつ正統派のバディ・アクション・ムービー。真面目で頑固一徹なロシア刑事と、アバウトで熱血漢なシカゴ刑事との掛け合いが痛快です!

ツインズ【1989年】

ツインズ
amazon.co.jp

あらすじ

アメリカ政府が極秘裏に行った遺伝子操作実験が失敗した結果、心身ともに優れた弟(アーノルド・シュワルツェネッガー)と、逆に全てが劣った冴えない兄(ダニー・デヴィート)というアンバランスな双子が誕生。直後に生き別れたふたりは、それぞれ真逆の生活を送って成人し、やがて再会。何もかも相反するふたりは反発し合いながらも、母親を探す旅に出ます。

見どころ

シュワルツェネッガー扮する完全無欠かつ世間知らずな弟と、ダニー・デヴィート扮する不出来かつ苦労人な兄という真逆な双子のやり取りは、コミカルかつハートウォーミング。なお、アイヴァン・ライトマン監督と主演2人に加え、エディ・マーフィが加わっての30年越しの続編『Triplets』が製作されるという嬉しいニュースも飛び込んできています。

トータル・リコール【1990年】

トータル・リコール
amazon.co.jp

あらすじ

近未来。人類は人口過多問題を受けて火星に植民地を設け、多くの人類が移住しています。地球に住み、火星移住を夢見る平凡な労働者クエイド(アーノルド・シュワルツェネッガー)は、仮想現実をバーチャル体験できるというリコール社のサービスを受けます。しかし、それが彼の脳内に秘められた恐るべき事実を呼び起こしてしまうのです。

見どころ

『エイリアン(1979年)』のダン・オバノンとロナルド・シャセットによる脚本を、『ロボコップ(1988年)』のポール・バーホーベン監督が映画化したSFアクション超大作。全編がダイナミックなSFアクションの連続で、バーホーベン監督独特のストレートな暴力描写との融合も見事な傑作です。1990年アカデミー視覚効果特別業績賞を受賞。2012年にはレン・ワイズマン監督&コリン・ファレル主演により、同タイトルにてリメイクされています。

トゥルーライズ【1994年】

トゥルーライズ
amazon.co.jp

あらすじ

表の顔はコンピュータのセールスマンで、実は国家機関の敏腕スパイとして日夜極秘の活躍を続けるハリー・タスカー(アーノルド・シュワルツェネッガー)。ある日、愛する妻ヘレン(ジェイミー・リー・カーティス)がチンピラ詐欺師に引っ掛かったことを機に、彼が追っていた極悪テロリストとの戦いに妻も巻き込んでしまいます。

見どころ

盟友ジェームズ・キャメロン監督と再タッグを組んだ、スパイ・アクション超大作。全く冴えないダメ夫かつ頼りない父親という表の顔と、世界を救う敏腕スパイという対比が面白く、実際の戦闘機をも駆使したノンストップ・アクションの数々も圧巻の一言です。

ラストスタンド【2013年】

ラストスタンド
amazon.co.jp

あらすじ

アメリカとメキシコの国境に面する、事件ひとつ無い平和な田舎町ソマートンで、保安官として余生を送る元敏腕刑事のレイ(アーノルド・シュワルツェネッガー)。ある日FBIより、メキシコの凶悪な麻薬王コルテス(エドゥアルド・ノリエガ)が移送中に脱走し、国境を超えるべく一路ソマートンに向かっているという緊急連絡が入ります。レイは最後の砦として、町の仲間たちと共に麻薬王を止めるべく戦いに挑みます。

見どころ

2期7年のカリフォルニア州知事任期を全うしたシュワルツェネッガーが、完全復帰作として選んだ痛快なクライム・アクション。ハリウッド進出第一作となる韓国の俊英キム・ジウン監督による、ケレン味たっぷりのアクション演出により、老体にムチを打ちながら満身創痍で戦う主人公の恰好良さが際立っています。

大脱出【2014年】

大脱出
amazon.co.jp

あらすじ

自ら刑務所へ囚人として入り込み、脱獄に挑むことで警備の弱点を指摘するというセキュリティ・コンサルタントを生業とするブレスリン(シルヴェスター・スタローン)。彼が今回依頼され投獄されたのは、彼がかつて指摘した点を完全に網羅した100%脱出不可能の要塞監獄。しかし、危険を感じて計画中止のサインを所長に伝えるも、彼は知らないと言い、ブレスリンは自分が騙されていたことを知ります。そんな彼に囚人のボス、ロットマイヤー(アーノルド・シュワルツェネッガー)が接近します。

見どころ

かつて人気を二分した最強のライバル、スタローンと初のW主演を果たしたサスペンス・アクション大作。『エクスペンダブルズ』シリーズでのカメオ出演とは違い、全編に渡り丁々発止の演技合戦。クライマックスの両雄並び立つバトル・アクションは、かつて映画ファンが夢にまで見た構図であり、半端じゃないカタルシスを与えてくれます。

最後に

一足先に、新たな境地へと活躍の場を広げたスタローンに負けじと、いよいよ本気を出し始めた感のあるシュワルツェネッガー。今回ご紹介した作品は、彼が何故アクション映画界のレジェンドとなり得たかを如実に表す傑作揃いです。何よりも、退屈せず最後までのめり込める点については折り紙つき。ぜひ、順番にチェックしてみてください。

※コメントは承認制となっています。記事とは関係ないコメントやライターへの誹謗中傷は削除される可能性があります。クレイジーについてご意見がある方はお問い合わせください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)