CuRAZY-cinema[クレイジーシネマ]
CuRAZY-cinema[クレイジーシネマ]は映画・ドラマに関するニュースや気になる情報・感想・評価・ネタバレや画像、動画を掲載しています。
英国ラブコメ界の帝王ヒュー・グラントの出演映画10選

英国ラブコメ界の帝王ヒュー・グラントの出演映画10選

『ブリジット・ジョーンズの日記(2001年)』や『ラブ・アクチュアリー(2004年)』など多くのラブ・コメディ映画に出演し、"ラブコメ界の帝王"として親しまれているイギリスの俳優・ヒュー・グラント。もうすぐ還暦を迎えるとは思えない甘い笑顔にうっとりしてしまいます。

今回は、そんなヒュー・グラントの出演作品を10作を紹介します。

9か月【1995年】

9か月
amazon.co.jp

あらすじ

小児精神科医のサミュエル(ヒュー・グラント)は、5年間付き合っている恋人のレベッカ(ジュリアン・ムーア)と同棲中。幸せな生活を送っていたある日、友人ショーン(ジェフ・ゴールドブラム)の家に向かう車内で、サミュエルはレベッカから妊娠を告白されるのでした。子どもを欲しがらないサミュエルと、産みたいと願うレベッカはすれ違い始めます。

見どころ

子どもの心理を知り尽くした1人の青年が、葛藤しながら父親になるまでの9か月間を描いたラブ・コメディ。『ホーム・アローン』シリーズや、『ハリー・ポッター』シリーズを手掛けたヒットメーカーのクリス・コロンバスが監督・脚本を務めました。当時30代のヒュー・グラントの若々しい姿は必見。

ノッティングヒルの恋人【1999年】

ノッティングヒルの恋人
amazon.co.jp

あらすじ

ロンドン西部のノッティング・ヒル。ある日、ウィリアム(ヒュー・グラント)が店主として働く本屋に立ち寄った大女優アナ(ジュリア・ロバーツ)。買い物を終えたアナは、ジュースを買いに出ていたウィリアムと衝突し、ジュースを服にかけられてしまいます。その後ウィリアムの家で服を乾かすことになったアナは、彼の誠実さに次第に惹かれていくのでした。

見どころ

1999年の劇場公開から色褪せない人気を誇る、平凡な書店主と大女優の王道ラブストーリー。1人の女性として愛されたい、というアナの純粋な気持ちををつい応援したくなります。エルヴィス・コステロが歌う主題歌「She」は、作品のハッピーな雰囲気をより盛り上げています。

ブリジット・ジョーンズの日記【2001年】

ブリジット・ジョーンズの日記
amazon.co.jp

あらすじ

ロンドンの大手出版会社で働く、32歳独身のブリジット(レネー・セルウィガー)は自分磨きと恋愛に夢中。そんな日々を送る中、新年パーティーで出会ったバツイチ独身の弁護士マーク(コリン・ファース)と、ハンサムで仕事のできる女ったらしの上司ダニエル(ヒュー・グラント)の2人の男性の間で心が揺れ始めます。

見どころ

恋と仕事に悩むアラサー女性を描いたラブ・コメディ。痩せたくても痩せられない、恋したくてもいい人が見つからない、という女性のあるあるが詰まった作品です。完璧じゃないヒロインと、完璧じゃない男たちの恋愛がどこか現実的で物語に引き込まれます。『ノッティングヒルの恋人』のリチャード・カーティスが脚本を務めました。

アバウト・ア・ボーイ【2002年】

アバウト・ア・ボーイ
amazon.co.jp

あらすじ

亡くなった父の印税で独身貴族生活を送る38歳で無職のウィル(ヒュー・グラント)。あるきっかけで出会った少年マーカス(ニコラス・ホルト)は、母親フィオナ(トニ・コレット)の鬱病で悩んでいました。マーカスは、そのことをウィルに相談するうちに彼のアパートに入り浸るようになり、次第に2人の間に絆が生まれていきます。

見どころ

いい歳をして無職な独身男性が、情緒不安定な母親やいじめに悩む12歳の少年と出会い自分を見つめ直していくヒューマンドラマ。無責任でいい加減なダメ男ウィルを演じたヒュー・グラントはなぜかハマり役で、フィオナとの掛け合いには笑いが込み上げてきます。また、マーカスを演じたニコラス・ホルトは本作の出演で一躍有名になり、27歳になった今でもハリウッドで活躍しています。

トゥー・ウィークス・ノーティス【2003年】

トゥー・ウィークス・ノーティス
amazon.co.jp

あらすじ

何事にもまっすぐな熱血弁護士ルーシー(サンドラ・ブロック)は、地元ニューヨークの公民館の取り壊しを阻止しようと活動中。ある日、取り壊しを進めるニューヨークの一流不動産会社のCEOジョージ(ヒュー・グラント)のもとへと直談判に訪れます。ちょうど優秀な弁護士を探していたジョージは、公民館の存続を条件にルーシーを雇うことになりますが…。

見どころ

ヒュー・グラントのスーツ姿に見惚れること間違いなしの1本。仕事で対立していた2人の男女が恋に落ちるロマンティック・コメディとなっており、ヒュー・グラントは本作をきっかけにマーク・ローレンス監督の作品に3作連続で出演しています。また、現在アメリカ大統領となったドナルド・トランプが本人役で登場するので必見。

ラブ・アクチュアリー【2004年】

ラブ・アクチュアリー
amazon.co.jp

あらすじ

街中がクリスマスムードとなる12月のロンドンで、18人の男女のラブストーリーが展開していきます。秘書のナタリー(マルティン・マカッチョン)に恋をしてしまった、新英国首相のデイヴィッド(ヒュー・グラント)。弟に恋人を寝取られ、傷心旅行へ向かった作家のジェイミー(コリン・ファース)。彼らは、クリスマスの日に幸せを手に入れることができるのか…。

見どころ

リーアム・ニーソン、アラン・リックマン、キーラ・ナイトレイ、エマ・トンプソンなど豪華俳優陣が出演するアンサンブル・ラブストーリー。リチャード・カーティス監督によって、街中に溢れる日常的な人々の恋模様が描かれています。

ラブソングができるまで【2007年】

ラブソングができるまで
amazon.co.jp

あらすじ

1980年代にブームを起こしたものの、すっかり人気のなくなったバンドの元ボーカル、アレックス(ヒュー・グラント)。そんな彼に、人気絶頂の歌姫コーラ(ヘイリー・ベネット)から新曲提供の依頼がやってきます。作詞の経験がないアレックスは、植物の世話係として来ていたソフィー(ドリュー・バリモア)が口ずさんだ歌に心打たれ、作詞の依頼をすることにするのでした。

見どころ

ヒュー・グラントとドリュー・バリモアというラブコメ界のスターが共演しており、2人の笑顔から元気をもらえる作品。80年代の音楽は心地良く、物語のスパイスとなっています。また、起承転結がしっかりしており、思わず笑ってしまうネタが満載なので気楽に観られる1本です。

コードネームU.N.C.L.E【2015年】

コードネームU.N.C.L.E
amazon.co.jp

あらすじ

1960年代前半、アメリカとソ連の冷戦中。CIAエージェントのナポレオン・ソロ(ヘンリー・カヴィル)とKGBエージェントのイリヤ・クリヤキン(アーミー・ハマー)は、核兵器を使い世界を混乱させようとする国際犯罪組織のテロを防ぐため互いに協力することに。しかし、2人の相性は最悪で...。

見どころ

史上最高にセクシーなスパイコンビを描いた本作。『スナッチ(2001年)』や『シャーロック・ホームズ(2010年)』で有名なガイ・リッチーが監督・脚本・製作を手掛け、仲の悪いアメリカとロシアのスパイが手を組むという予測不可能なストーリーです。映像、音楽、衣装など全てがスタイリッシュに映し出されています。

Re:Life リライフ【2015年】

Re:Life リライフ
amazon.co.jp

あらすじ

15年前に書いた脚本が当時のアカデミー脚本賞に輝いて以来、ヒット作を生み出せず妻子にも出て行かれてしまったキース(ヒュー・グラント)。電気も止まり生活が苦しくなり、渋々田舎の大学でシナリオ講師をやることに。最初は消極的だったキースも、ホリー(マリサ・トメイ)をはじめとする熱心な生徒と出会い、次第に気持ちが変化していきます。

見どころ

ヒュー・グラントとマーク・ローレンス監督が4度目のタッグを組んだヒューマンドラマ。大きな挫折を経験した脚本家が、まっすぐな生徒と向き合うことで変わっていく姿が描かれています。「マット・デイモン」、「スター・ウォーズ」、「黒澤明」など映画界の小ネタが盛り込まれクスッと笑ってしまう作品です。

マダム・フローレンス!夢見るふたり【2016年】

マダム・フローレンス!夢見るふたり
amazon.co.jp

あらすじ

ニューヨークの社交界で有名人だったフローレンス(メリル・ストリープ)の長年の夢はソプラノ歌手になること。夫のシンクレア(ヒュー・グラント)は、病気を患いながらも夢を追いかける彼女を懸命にサポートします。しかし、そんなマダム・フローレンスは、絶望的に音痴だということを自分自身でも気づいておらず…。

見どころ

絶世のオンチと言われたマダム・フローレンスが、NYオペラのカーネギーホールを満員にするという実話を描いた作品。裏で彼女を支えた夫シンクレアの愛が映し出されています。シンクレアの優しい愛情や、その愛情を引き出すマダム・フローレンスの人間性に心温まる作品です。

最後に

以上、ヒュー・グラントの出演映画10作を紹介しました。実はオックスフォード大学卒という知的なヒュー・グラント。そんな彼だからこそ、変幻自在にダメ男を演じれるのかもしれませんね!60歳を目前としたヒュー・グラントの今後の活躍に目が離せません。

コメントする

※コメントは承認制となっています。記事とは関係ないコメントやライターへの誹謗中傷は削除される可能性があります。クレイジーについてご意見がある方はお問い合わせください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)