CuRAZY-cinema[クレイジーシネマ]
CuRAZY-cinema[クレイジーシネマ]は映画・ドラマに関するニュースや気になる情報・感想・評価・ネタバレや画像、動画を掲載しています。

わくわくが止まらない!Netflixオリジナルドラマおすすめ30選

名作からオリジナル作品まで、たくさんの映画やドラマが視聴可能なNetflix。他の動画配信サービスと比べてオリジナルコンテンツに力を入れている傾向がありますが、いざ登録してもどれから手をつけていいかわからないという方も多いと思います。

今回はNetflixオリジナルドラマシリーズの中でも、特にヒットした作品や注目の作品をティーンドラマ、ロマンス、ヒューマンドラマ、クライムサスペンス、コメディ、マーベル・ヒーロー、SF、ドキュメンタリー、スリラー、教育の10ジャンルから厳選してお届け!

いずれもクオリティの高さ、ストーリーの緻密さに驚くこと間違い無しです。

リバーデイル【2017年〜】

ジャンル:ティーンドラマ


Netflix Japan公式YouTubeチャンネルより

あらすじ

アメリカにある小さくて平和な街リバーデイル。ある日、裕福な家庭の少年ジェイソン(トレバー・スティーンズ)が川に落ち行方不明になってしまいます。この失踪事件が、街に隠された大きな秘密と闇を浮き彫りし、ジェイソンと同高校に通うアーチー(K.J.アパ)やベティ(リリ・ラインハート)を取り巻く仲間たちは次第に街で起こる悲惨な事件に巻き込まれていきます。

見どころ

1941年から続くアメリカの人気コミック『アーチー』を現代風に、そしてセクシーでミステリアスな作風に大胆にアレンジした作品です。登場するメインキャラクターたちは全員美形!高校生たちを演じるのは注目株の俳優ばかりで、インスタグラムなどですでに若者たちに大人気。ジャグヘッド役のコール・スプラウスはディズニー・チャンネルの人気シリーズ『スイート・ライフ』に出演していたので懐かしいと思う方も多いはず。一方で親を演じるのは『スクリーム(1996年)』や『プリティ・イン・ピンク/恋人たちの街角(1986年)』、『ツインピークス(1990年〜)』など、80から90年代にかけての青春映画やドラマで活躍した俳優ばかりです。そのため幅広い世代が楽しめる作品となっています。

ユニークライフ【2017年】

ジャンル:ヒューマンドラマ


Netflix Japan公式YouTubeチャンネルより

あらすじ

18歳になった高校生のサム(キーア・ギルクリスト)は自閉症スペクトラム障がいを抱えていました。カウンセラーに彼女を探してみてはどうかと勧められ、家族や友人の力を借りながらも"彼女を作る"ことに挑戦することを決心します。人とうまく関われなくても、恋はできるはず。大人の階段を登るサムに彼女はできるのでしょうか...。

見どころ

自閉症スペクトラム障がいという発達障がいを抱えるサムにとって、"彼女を作る"のは未知なる挑戦です。それは彼を支えてきた家族にとっても同じこと。ぶつかり合いながら、そして"普通"とは何かを問いながら前向きに生きていく姿に感動するハートウォーミングな作品です。感情でなく、言葉のそのままの意味を受け取ってしまうサムは、ある意味で正直者。そんなサムの発言をユーモアとして扱うことで、回を追うごとに彼の障がいへの理解が深まっていきます。

LOVE【2016年〜】

ジャンル:ロマンス


Netflix Japan公式YouTubeチャンネルより

あらすじ

優しいけど、空気が読めず冴えないオタクなガス(ポール・ラスト)と、お洒落で美人なのに依存症まみれ、そして感情的なミッキー(ジリアン・ジェイコブス)。全く異なる日常を過ごしてきた2人はひょんなことから出会い、そして次第に惹かれ合っていくのでした。性格も友達も、何もかもが異なる2人に平穏な日はやってくるのでしょうか。

見どころ

『40歳の童貞男(2005年)』の監督や『スーパーバッド/童貞ウォーズ(2007年)』の製作で知られるジャド・アパトーが脚本・監督・製作を務める、正反対の2人の恋の行方を描く新感覚ラブコメディ。正反対の2人の、日常生活と不思議でイマドキな恋愛模様をゆるく、生々しく、感情的に、そしてピュアに描いています。10代の頃の恋愛とは異なり、恋人よりも優先すべきことや、過去の恋愛の失敗を抱えている、なかなか前に進めない大人の恋愛はなんともリアルです。ガスほどお人好しでなく、またミッキーほど悲惨な状態でなくとも感情移入してしまう作品です。ちなみに7話の監督は、『レザボア・ドッグス(1992年)』や『ファーゴ(1996年)』で知られる個性派俳優として知られるスティーブ・ブシェミが務めています。

EASY【2016年〜】

ジャンル:ヒューマンドラマ


Netflix Japan公式YouTubeチャンネルより

あらすじ

大都会シカゴを舞台に、恋愛やセックス、人間関係の問題に向き合う大人を描く1話完結型ドラマ。第1話では、セックスレスに悩む稼ぎ頭の妻と主夫が"妻より夫が稼ぐカップルはセックスの回数が多い"という統計を聞き、働く男性と家事をする女性のロールプレイでセックスレスを解消しようとする姿を描きます。

見どころ

「周りにこんな人いるよね」と思わず頷いてしまうような、リアリティに満ちた人間模様を描くのを得意とするジョー・スワンバーグ監督のドラマ作品。1話約30分なので気軽に観られますが、見応えはバツグン!セックスレスに悩む夫婦、周りに流され自分らしさを失う女性、刺激を求めてティンダーにハマる夫婦、思わぬ方向に膨らむ集団心理など。自分にも、または周囲でありそうなシチュエーションの数々に共感してしまう作風がクセになります。回を追うごとに各登場人物たちの意外な繋がりが見えてくるのも面白いです。オーランド・ブルームを筆頭に人気俳優たちも登場します。

このサイテーな世界の終わり【2017年】

ジャンル:ヒューマンドラマ


Netflix公式YouTubeチャンネルより(字幕なし)

あらすじ

自称サイコパスのジェイムズ(アレックス・ロウザー)。彼が殺したいと思う存在は反骨精神たっぷりの自由になりたい女の子アリッサ(ジェシカ・バーデン)。アリッサに好意を持たれたジェイムズは彼女を好きなフリをして、彼女が思いついた無謀なロードトリップに一緒に出かけます。何もかもが気に入らない、こんなサイテーな世界は嫌だ!と飛び出した2人を待っていたものとは...。

見どころ

1話約20分の短いドラマで、ストーリーの進むテンポが心地よく、思わず一気見してしまう作品です。原作は意外にもアメコミ。不気味なジェイムズと、怒りっぱなしのアリッサのコンビは見ていて気味が悪くイライラもしてしまったりしますが、次第に明らかになる2人の家庭の事情には同情してしまう人もいることでしょう。強がったり、背伸びしたり、甘えたり、何もかもが嫌になったり、10代の頃に誰しもが経験する感覚を、ロードトリップという非日常に掛け合わせた作品。2人の容姿は映画『トゥルー・ロマンス(1993年)』の逃亡するカップル、クラレンスとアラバマを彷彿とさせます。

13の理由【2017年〜】

ジャンル:ヒューマンドラマ


Netflix Japan公式YouTubeチャンネルより

あらすじ

同級生のハンナ(キャサリン・ラングフォード)が自殺した後、クレイ(ディラン・ミネット)の元に、カセットテープと地図が入った箱が届きます。それはクレイを含む13人の生徒に、生前のハンナが送ったものでした。録音されていたのはハンナ自身の声で、なぜ自分が今から自殺しようとしているのか、その理由が吹き込まれていたのです。クレイはハンナの語る、友情や愛情がもろく崩れて行く様を聞いていきます。

見どころ

ディズニー・チャンネル・スター出身のセレーナ・ゴメスが製作総指揮を務めています。高校生の自殺が題材であり、その他にも暴行や喫煙、ドラッグについてを扱っていたことから、アメリカのある学校では原作本が図書館から撤去され、カナダのある小学校では『13の理由』についての話題を校内で話すのは禁止とするなど、世界中で"若者の精神状態に悪影響を与える"として問題視されました。Netflixの普及率と影響の大きさにも驚かされる問題です。しかしながら、現代のアメリカでのいじめの実態をリアルに描いたり、自殺や鬱についてをそれぞれの視点から繊細に描くなど従来のドラマの型を打ち破った作品でもあるのです。

グレイス&フランキー【2015年〜】

ジャンル:コメディ


Netflix公式YouTubeチャンネルより(字幕なし)

あらすじ

20年以上家族ぐるみの付き合いをする仲良し夫婦2組。老後のプランを立てていた矢先、グレイス(ジェーン・フォンダ)とフランキー(リリー・トムリン)は40年も連れ添った夫たちに呼び出されると、自分たちがゲイであることを告白されます。夫たちが恋仲で、しかも近々結婚したいからと、離婚まで告げられる始末。そして突然始まったグレイスとフランキーの共同生活の行方は...。

見どころ

本作は大人気長寿シットコム『フレンズ』のクリエイター陣が製作しています。キャリアウーマン気質のグレイスとヒッピーでアーティスト気質のフランキーは、長年の付き合いがあっても一緒に暮らすとなれば大変。それでも夫たちを受け入れようと奮闘したり、良き友人として助け合ったり、目一杯楽しもうとしたり、人生を謳歌する姿が描かれています。観ている私たちに、もっと人生を楽しまなくちゃと思わせてくれる作品です。グレイスとフランキーを演じるジェーン・フォンダとリリー・トムリンは、かつてハリウッドの第一線にいたベテラン女優2人。そんな2人のドタバタ共同生活はパワフルで元気を与えてくれます。

ガールボス【2017年】

ジャンル:ヒューマンドラマ


Netflix Japan公式YouTubeチャンネルより

あらすじ

学歴もお金もない、何をやってもダメなソフィアが唯一持つ、他人に負けないものはファッションセンス。持ち前のファッションセンスを武器に古着屋で買った服をビンテージ品として転売してみたところ大盛況。医療費も払えない靴屋の店員だった彼女は、お洒落な女の子御用達の人気オンラインストア「ナスティ・ギャル(Nasty Gal)」を立ち上げるのでした。

見どころ

今や年商数百億円の企業にまで成長させたソフィア・アモルーソの自伝「#GIRLBOSS」を元にしたサクセス・ストーリー。日本からでも購入可能なセレクトショップ「ナスティ・ギャル」の立ち上げまでを描いています。強引で強気なソフィアの普通じゃない人生哲学は、「大人になってしまわないこと。退屈な人間にならないこと。男の言うことは気にしないこと」。そんな彼女のデコボコ道をがむしゃらに自分らしく進む姿は、少しの勇気になり明日も頑張ろうという気持ちにさせてくれます。人気映画『ピッチ・パーフェクト』のケイ・キャノンとハリウッド女優シャリーズ・セロンが製作総指揮です。ブリット・ロバートソンが演じるソフィアのエッジィなビンテージMIXファッションにも注目してくださいね。

GLOW:ゴージャス・レディ・オブ・レスリング【2017年〜】

ジャンル:ヒューマンドラマ


Netflix公式YouTubeチャンネルより(字幕なし)

あらすじ

1985年のL.A.。女優を夢見るルース(アリソン・ブリー)はウェイトレスの仕事で生活を繋いでいました。一方で女優としての仕事が見つからない日々を過ごしていた彼女は、ある日エージェントから「型破りな女性」というオーディションの話を耳にします。さっそく会場赴いたルースは、それが女子プロレスTV番組を作るためのオーディションであることを初めて知るのでした。

見どころ

80年代の今では考えられないほどのド派手なメイクにド派手なファッション、ド派手なヘアスタイルで溢れかえる画面内!挿入歌もすべて80年代のもので、観る者を見事に当時にタイムスリップさせてくれます。プロレスが題材のドラマではありますが、プロレス番組を作りたい素人が集まったドラマなのでルールや歴史を知らなくても楽しめる作品となっています。プロレス好きのプロデューサーが集めた運動音痴の女優の卵たちの動きはとてもコミカルで面白いです。主人公ルースを演じるアリソン・ブリーはルースのダサい雰囲気など一切無しの超絶美人さんで『スクリーム4(2011年)』などに出演する注目株の女優さんです。

オレンジ・イズ・ニュー・ブラック【2013年〜】

ジャンル:ヒューマンドラマ


Netflix Japan公式YouTubeチャンネルより

あらすじ

10年前に麻薬取引に関与した罪で投獄されたお嬢様育ちのパイパー・チャップマン(テイラー・シリング)。彼女は同じ犯罪に関わった同性愛の相手であるアレックス(ローラ・プレポン)と獄中で再会を果たします。しかし不必要なひと言から囚人たちのボスに目をつけられたパイパーには、獄中での厳しい厳しい現実が待ち受けているのでした。

見どころ

パイパー・カーマンによる同名小説が原作で、実話を元に作られています。主人公パイパーと他の女囚人たちとの獄中生活を描いており、刑務所内は職員からのハラスメントに満ち、囚人たちは曲者ぞろい。徐々に囚人たちの罪状や過去が明かされていき、仲間意識から徒党を組んだり人種間で抗争が勃発したりと、入り乱れた人間模様が臨場感たっぷりに映し出されるヒューマンドラマです。同性愛(LGBT)、白人至上主義など、社会に根深い問題をポップな雰囲気にまとめているからこそ、感心しつつも肩の凝らないエンターテインメントに仕上がっている傑作ドラマです。

【関連記事】リアルさが売りのNetflixドラマ『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』

デアデビル【2015年〜】

ジャンル:マーベル・ヒーロー


シネマトゥデイ公式YouTubeチャンネルより

あらすじ

幼くして視力を失ったマット・マードック(チャーリー・コックス)。しかし彼の視力以外の五感は超人的なほど発達していました。その驚異的な身体能力を駆使して、マットは昼は弁護士として、夜はニューヨークの街ヘルズキッチンを守るヒーロー、デアデビルとして犯罪者と戦うのでした。『アベンジャーズ』活躍の後、スラム街と化した街を牛耳るヤクザを倒すことはできるのでしょうか。

見どころ

映画界で大ヒットを飛ばしまくるマーベル・スタジオのNetflixドラマシリーズ第1弾。映画とは異なり、1シーズン全13話の中で繰り広げられるストーリーは、より詳細でより深いものなっています。ゆえにデアデビルの葛藤や周りを取り巻く人々の心情までが細やかに描かれており、どっぷりと入り込むことができます。マットは五感が超人的ではありますが、視力もなく、スーパーヒーローのように特殊なパワーや強靭な肉体を持っているわけでもありません。しかしながら街の自衛団として傷だらけ、血まみれになりながらも戦い続ける姿にきっと胸が熱くなるはずです。

ザ・ディフェンダーズ【2017年】

ジャンル:マーベル・ヒーロー


Netflix Japan公式YouTubeチャンネルより

あらすじ

デアデビル、ジェシカ・ジョーンズ(クリステン・リッター)、ルーク・ケイジ(マイク・コルター)、アイアン・フィスト(フィン・ショーンズ)。4人のヒーローはそれぞれの悪と対峙していました。その全てが闇の組織「ヤミノテ」と繋がり、ニューヨーク全体が危機的状況に陥っていると知った彼らは集結し、共に戦うことを決心するのです。

見どころ

Netflix版『アベンジャーズ』ともいえる、マーベルヒーローが集結するドラマ。これまでの単独ドラマシリーズ『デアデビル』、『ジェシカ・ジョーンズ』、『ルーク・ケイジ』、『アイアンフィスト』の集大成となります。一筋縄ではいかない性格の4人がぶつかりあったり、協力する姿はまさに夢の共演。各々のドラマで活躍してきたヒーローの仲間たちの交流も楽しむことができます。単独作のその後を描いているのがこの『ザ・ディフェンダーズ』であるので、かなりの時間を要しますが本ドラマを見る前に単独作をしっかりと予習するのがおすすめです。

マスター・オブ・ゼロ【2015年〜】

ジャンル:コメディ


Netflix Japan公式YouTubeチャンネルより

あらすじ

CM出演で収入を得る、30代独身の俳優デフ(アジズ・アンサリ)。大きな出世欲はないものの、気の合う友人も家族もいて、恋愛にももちろん積極的です。そんな彼の考えていること、それは誰と付き合い、いつ結婚をして、いつ子どもを持つのか?仕事のためにわざとインド訛りを習得すべき?物事を決めるのにレビューを読むことが必要か?情報で溢れる現代に生き、"何も極めてない"デフの人生の責任や決断はいかに。

見どころ

エミー賞の第68回作品賞を授賞した大注目のドラマ。原題は『Master of None』であり、"無芸"や"何も極めていない"ことを意味します。スタンダップ・コメディアンであるアジズ・アンサリが製作から主演までを務めています。選択肢が多様化した現代で立ち尽くすデフをユーモアたっぷりで描くほか、セクシュアリティの多様化や差別問題へもジョークを交えて切り込んでいく作品です。キラキラしたニューヨーカーとは程遠い、彼らの自堕落な日常はなぜかとてもリアルで共感ポイントばかり。アジズ・アンサリのスタンダップ・コメディの様子を収録したライブ映像2本もNetflixで視聴可能!『マスター・オブ・ゼロ』にハマった方は是非。

ハイ・ライフ【2017年〜】

ジャンル:シチュエーション・コメディ


Netflix公式YouTubeチャンネルより(字幕なし)

あらすじ

医療用のマリファナを専門に扱うルースのケアショップ。大麻合法活動家のルース(キャシー・ベイツ)は、個性的なスタッフとおかしな常連客とともに、PTSDや不眠に悩む人々に大麻を処方して救っています。ゆったりとした人生を送ることをモットーに生きる彼女たちの、ハッピーでヒッピーなハイ・ライフを覗いてみませんか?

見どころ

医療用大麻に留まらず娯楽目的の使用までが合法になった、カリフォルニア州が舞台の全く新しいシットコム。人気シリーズ『ビッグバン☆セオリー ギークなボクらの恋愛法則』の製作陣が製作を担当しているので、面白さは約束されているも同然。いきなりアニメやYouTubeチャンネルに切り替わったり、偽CMのような演出があるなど、とにかく作風がユニーク!大女優キャシー・ベイツが演じる活動家のルースは人生相談してみたいと思えるほどおおらかでハッピーな人物です。息抜きにぜひ。

ボージャック・ホースマン【2014年〜】

ジャンル:ブラックコメディ


Netflix Japan公式YouTubeチャンネルより

あらすじ

90年代に『馬か騒ぎ』で一世を風靡したTVスター、ボージャック・ホースマン。新たな仕事もせず、『馬か騒ぎ』時代の過去の栄光にすがり自堕落な生活を送るボージャックでしたが、彼の自伝本を書くゴーストライター、ダイアンと出会い人生を振り返ることで再び彼は動き出します。

見どころ

全編アニメーションのコメディ人気シリーズで、すでにシーズン5の製作が決定しています。ボージャックをはじめ、登場人物のほとんどは動物の姿をしており、さらにその動物に似た言動や習性を持っているという不思議な作品です。やりすぎと言わんばかりの時事ネタや下ネタ、ブラックジョークとともに、ボージャックのとんでもなく落ちぶれた生活を描きます。セリフと演出の中にじわじわと溢れる、人生における焦燥感や悲壮感、絶望感が見る者を惹きつけ離しません。また、細かすぎるパロディーもシリーズを通して登場するほか、実際のハリウッドスターが声優として登場する率が非常に高く、映画やドラマファンを虜にしています。

ザ・ランチ【2016年〜】

ジャンル:シチュエーション・コメディ


Netflix公式YouTubeチャンネルより(字幕なし)

あらすじ

アメフト選手としての活躍を夢見て故郷を飛び出したコルト(アシュトン・カッチャー)。夢破れ家族の営む農場に戻ってくるとそこには変わらず頑固者の父ボー(サム・エリオット)と、15年ぶりに再開する兄ルースター(ダニー・マスターソン)の姿が。父と衝突ばかりし、兄ばかりが認められている環境に居心地の悪さを感じながらも農場の息子として仕事を全うしようとしますが...。

見どころ

農場を舞台とするシットコムシリーズ。90年代に8シーズンまで放送した人気長寿シットコム『ザット'70sショウ』でブレイクしたアシュトン・カッチャーとダニー・マスターソンが製作総指揮を担当しています。仲良しの2人が作り上げる本作品には、『ザット'70sショウ』で共演してきた俳優さんたちが次々と登場しファンには嬉しい作品となっています。素直になれない父親、実家を離れられない兄、夢破れた弟、バーを経営し息子たちを優しく見守る母親が、不器用ながらも再び同じ街で暮らし絆を取り戻していく家族のドラマが色濃く描かれています。

アシュトンとダニーが出会った作品『ザット'70sショウ』も全シリーズNetflixで配信中。1970年代の学生たちが主役のシットコムです。

サンタクラリータ・ダイエット【2017年〜】

ジャンル:コメディ


Netflix Japan公式YouTubeチャンネルより

あらすじ

郊外の住宅街で幸せに暮らすごく普通の家族。なんだかちょっぴり満たされない日々を送る夫婦ジョエル(ティモシー・オリファント)とシーラ(ドリュー・バリモア)。シーラが体内の臓器を吐き、"普通の人間"ではなくなってしまって以来、家族全員で死と破滅に追われる普通じゃない生活を送ります。でもそれも案外悪くはない...!?

見どころ

妻が突然ゾンビになってしまうという新感覚コメディ。ゾンビと言っても人を殺して食べてしまう以外は見た目も普通の人間で、ドラマ内ではアンデッドと呼ばれています。家族に秘密を打ち明けられない、ありがちなスリラーを想像してしまいますが、この一家は超オープン。ゾンビになってしまった妻を守ろうと奮闘する家族が織りなすコメディ、かつ素敵なファミリードラマに仕上がっています。シーラを演じるのは、『チャーリーズ・エンジェル(2000年)』や『50回目のファースト・キス(2004年)』で知られるドリュー・バリモアです。ところどころグロテスクな表現が登場するので、苦手な方はご注意ください。

ウェット・ホット・アメリカン・サマー:あれから10年【2017年】

ジャンル:コメディ


Netflix公式YouTubeチャンネルより(字幕なし)

あらすじ

1981年に最高に熱く燃えた夏休みを過ごし、10年後の再会を約束して別れたサマーキャンプの仲間たち。そして1991年の現在、本当に大人になってしまったけれど、あの頃の輝きを、あの頃の青春をもう1度取り戻したい!そして立派(?)に成長した彼らは巨大な陰謀から思い出のキャンプ地を救うことができるのでしょうか...。大人気青春映画『ウェット・ホット・アメリカン・サマー(2001年)』のその後を描きます。

見どころ

青春コメディ映画『ウェット・ホット・アメリカン・サマー』の10年後、サマーキャンプの地に約束通り再び集まった1981年のキャンプメンバーを描く作品。Netflixではまず初めに2001年に作られた映画のキャストをそのまま起用し、オリジナル映画『ウェット・ホット・アメリカン・サマー:キャンプ1日目』を製作しました。その当時、10代を演じた俳優さんたちに無理やり10代を演じさせるという今までになかった展開です。そして本作『ウェット・ホット・アメリカン・サマー:あれから10年』も、オリジナルキャストで同窓会ドラマを作ってしまったんです!スケジュールの都合でブラッドリー・クーパーは出演していませんがポール・ラッドやジャニーン・ガラファローなどのスターたちがカムバック。当時から変わらずおバカをやっています。

もちろんドラマの前にオリジナル版2001年製作の『ウェット・ホット・アメリカン・サマー』と、Netflixオリジナル『ウェット・ホット・アメリカン・サマー:キャンプ1日目』の鑑賞も忘れずに。

フラーハウス【2016年〜】

ジャンル:シチュエーション・コメディ


Netflix Japan公式YouTubeチャンネルより

あらすじ

3児の母になったD.J.(キャンディス・キャメロン)、ミュージシャンを志し自由奔放に生きるステフ(ジョディ・スウィーティン)、イベント会社を経営する親友キミー(アンドリア・バーバー)による、新しく始まった"懐かしの家"での共同生活は昔よりももっと賑やかで騒がしい!?

見どころ

90年代に大ヒットしたファミリードラマ『フルハウス』の続編を描く『フラーハウス』。『フルハウス』は日本でも多くの人に愛されていたドラマです。当時子どもだったD.J.とステフはすっかり大人に、そして大人になった彼女たちの、大人だからこその困難を乗り越えていく様子を描いています。20年以上の付き合いのある俳優陣たちの見せる演技は、まるで家族そのもの!新キャストの子どもたちもチャーミングです。テレビの前で一緒に成長してきた視聴者は第1話の家族全員大集合は感慨深いものがあるはずです。日本語吹き替え版のキャストが当時と同じなのも嬉しくなりますよね。

マインドハンター【2017年〜】

ジャンル:クライムサスペンス


Netflix Japan公式YouTubeチャンネルより

あらすじ

1970年後半、2人のFBI捜査官ホールデン・フォード(ジョナサン・グロフ)とビル・テンチ(ホルト・マッキャラニー)は、殺人犯の心理を研究し犯罪捜査の幅を広げようとしていました。しかし、刑務所での面会で連続殺人犯の心理に迫るうちに、彼らは後戻りできないほど犯罪者の理解不能な心理の狂気に飲み込まれていくのでした...。

見どころ

実在のFBI捜査官ジョン・ダグラス氏が自身の経験をもとに書いたノンフィクション小説を元にしています。ダグラス氏は伝説のプロファイラーとして知られており、人気ドラマ『クリミナル・マインド/FBI行動分析課』に登場するプロファイラー、ジェイソン・ギデオンのモデルにもなっています。また、本作『マインドハンター』には、実際に存在するシリアルキラーたちが登場します。そのため犯罪心理学の歴史を学ぶこともできるのです。監督は『セブン(1995年)』や『ファイトクラブ(1999年)』で知られるデイヴィッド・フィンチャー。彼の手に掛かれば、従来の犯罪ドラマのような残酷描写がなくとも、フォードを通じて感じる恐怖やシリアルキラーたちの狂気がヒシヒシと伝わってきます。

マンハント【2017年】

ジャンル:クライムサスペンス


Variety公式YouTubeチャンネルより(字幕なし)

あらすじ

およそ20年もの間、全米を震撼させていた謎の連続爆弾魔"ユナボマー(ポール・ベタニー)"を追い続けていたものの決定的な手がかりを掴めずにいたFBI。彼らは最後の希望を新米プロファイラー、ジム・フィッツジェラルド(サム・ワーシントン)に託すのでした。ジムは革新的な捜査方法で事件の解決に挑みます。

見どころ

実際にアメリカで70年代から90年代にかけて起きていた連続爆弾魔"ユナボマー"こと天才数学者セオドア・カジンスキーを追った事件を描いています。実際に起きた事件の80%を忠実に再現したと言われており、実際よりもさらにドラマティックに仕上がっています。新米プロファイラーとユナボマーの頭脳戦にドキドキすること間違いなしの本作品ですが、彼らの悲しい人間ドラマにも注目してくださいね。思わずノンフィクションであることを忘れるほど悲しく、残酷です。また、ユナボマー事件で活躍したフィッツジェラルド氏はFBIを退職した現在、人気クライムドラマ『クリミナル・マインド』や『スリーピー・ホロウ』のテクニカル・アドバイザーとして活躍しています。

ナルコス【2015年〜】

ジャンル:クライム


Netflix Japan公式YouTubeチャンネルより

あらすじ

実在する強大なコロンビアの麻薬王、パブロ・エスコバル(ヴァグネル・モウラ)と麻薬汚染に悩まされるアメリカの麻薬取締局(DEA)。パブロの取引は地元の政府との癒着までをも引き起こし、取り締まりは困難を極めます。この現状を打破すべく、DEA捜査官のスティーブ・マーフィー(ボイド・ホルブルック)、ハビエル・ペーニャ(ペドロ・パスカル)の目を通し、アメリカへのコカイン流入を阻止する血生臭い戦いが始まるのでした。

見どころ

1980年代に実際にコロンビア産のコカインをアメリカのマイアミへ密輸し、莫大な富を築いた麻薬王パブロ・エスコバルと彼の周りに起きていた悪意ある思惑、暴力、DEAとの衝突を描いています。テレビでは放映できないような過激なバイオレンス描写や見る者を選ぶようなストーリー進行が話題を呼び、Netflixオリジナル作品の中でも群を抜いて人気があるシリーズとなっています。

The O.A.【2016年】

ジャンル:SF


Netflix Japan公式YouTubeチャンネルより

あらすじ

7年間消息を経っていた盲目の女性プレーリー・ジョンソン(ブリット・マーリング)が突然発見されます。しかも彼女の視力が回復した状態で...。「運命は変えられない。でも見せてあげられる。私たちの境界線への旅が今夜0時、クレストウッドビューの外れにある空き家で始まる」プレーリーは協力者を募り、彼女の体験した不可思議な出来事を話し、"あちら側"に行くための協力を求めるのでした。

見どころ

見る者の好奇心を刺激しまくる不思議なSFシリーズ。臨死体験や死後の世界など、スピリチュアルな要素もあります。変わり映えしない進行ながらも、惹きのある数多くの謎とともに展開していくストーリーなので、人によってその評価はバラバラ。全てを見終わって何を思うか、他の人と語り合いたくなってしまうような、これまでになかったような作品です。なお、プレーリーを演じたブリット・マーリングが原作と製作総指揮を担当。一風変わったスピリチュアルな作品を作り出し演じる彼女に、ハリウッドも大注目です。

ストレンジャー・シングス/未知の世界【2016年〜】

ジャンル:SF


Netflix Japan公式YouTubeチャンネルより

あらすじ

1980年代のアメリカ、インディアナ州の小さな町・ホーキンス。平和なはずの町でマイク(フィン・ウルフフォード)、ダスティン(ゲイテン・マタラッツォ)、ルーカス(ケイレブ・マクラフリン)、ウィル(ノア・シュナップ)の仲良し4人組のうち、ウィルが突然姿を消してしまいます。そして同じ頃、それと入れ替わるように謎の少女イレブン(ミリー・ボビー・ブラウン)が町に現れるなど、次々に異変が起きていくのでした。ホーキンスに隠された大きな秘密とは?残されたマイクたちは、友人を取り戻すため危険を顧みずウィルを探し始めます。

見どころ

社会現象を巻き起こすほどの人気となった『ストレンジャー・シングス』。映画への愛や1980年代のノスタルジア、田舎町の少年たちの大冒険、異次元の存在、懐かしの名曲たちなど、これまでに人々に愛されてきた要素がぎゅっと詰まっています。大人も子どもも楽しめるこんな作品を待ち焦がれてた!そう多くの人が思っていたはず。現在シーズン2までが配信。監督・脚本のダファー兄弟はシーズン3の脚本を執筆中であり、撮影自体は2018年4月頃を、配信は2019年頃になるとコメントしています。キャストの成長も早すぎるため、シーズン3では高校生としての姿が描かれるそうです。待ち遠しい!

【関連記事】『ストレンジャー・シングス』をより楽しむためのトリビアあれこれ

ブラックミラー【2011年〜】

ジャンル:SF


Netflix Japan公式YouTubeチャンネルより

あらすじ

急激に進化した便利なはずのテクノロジーが招く歪みを通した、現代社会への風刺を込めたブラックコメディのオムニバス作品です。死んだ人の人工知能で悲しみから逃れる人、記憶をメモリに保存できる世界、SNSが中心となってしまったランク社会、脳に埋め込むチップ。この先ありえそうな世界で描かれるエピソードにあなたは何を思いますか?

見どころ

ハイテク版『世にも奇妙な物語』ともいえる本作品。いかにわたしたちがテクノロジーに頼っているかということ、改めてテクノロジーの進化の恐ろしさを痛感できる作品となっています。1話完結型なのでつまらないと感じたエピソードは飛ばしちゃってもよし、ですが実はよーく見てみると細かいところで繋がっていたりします。シーズンフィナーレは90分近い作品もあり、まるで映画を見ているようなクオリティです。おすすめはシーズン2の4話『ホワイト・クリスマス』とシーズン3の4話『サン・ジュニペロ』、そしてシーズン4の2話『アークエンジェル』です。

ダーク【2017年〜】

ジャンル:スリラー


Netflix Japan公式YouTubeチャンネルより

あらすじ

かの天才アルバート・アインシュタインはこう言いました。「過去、現在、未来の区別は、強く信じ続けられている幻想に過ぎない」と。ドイツの小さな町で起こる、少年の失踪事件。少年を取り巻く4家族がほころび始めるとき、過去3世代にわたり守られてきた大きな秘密と怪奇な謎が明らかになるのです...。

見どころ

ドイツ発のNetflixオリジナルシリーズ。子どもの失踪、小さな町、大きな秘密と怪奇な謎と並ぶと、『ストレンジャー・シングス』を連想してしまう方は多いかと思います。1980年っぽさなど、結構『ストレンジャー・シングス』に近いのも事実。しかし『ダーク』は予告編からもタイトルからもわかるようにとても暗いです。子どもたちも大きな謎も、より複雑で大人な作品です。どんでん返しを得意とする『ピエロがお前を嘲笑う(2014年)』の製作陣が製作しており、彼らの2つの案、タイムトラベルがテーマの長編と、犯罪ドラマを組み合わせたスーパーナチュラルで展開の読めない引き込まれる作品に仕上がっています。またまた眠れない夜が続くこと間違いなしの面白さです。

アート・オブ・デザイン【2017年〜】

ジャンル:ドキュメンタリー


Netflix公式YouTubeチャンネルより(字幕なし)

あらすじ

様々な分野で活躍するデザイナーは、一般人からすると雲の上の存在に見えるときもあるでしょう。しかしそんな天才肌な彼らもみんな人間らしい生活をしているはず。いったい彼らの頭の中はどうなっているのでしょう。フォトグラファー、ステージデザイナー、イラストレーターや建築家などのデザイナーたちの内面にスポットを当て生活に息づくデザインを考える、Netflixオリジナルドキュメンタリー。

見どころ

デザインは芸術、アートの一環でありながら、わたしたちの生活の身の回りに溢れ身近で、決して難解なものではないのです。生活に根付くデザインを手がけるデザイナーたちの生活とアイディア、そしてそれが生み出されるまでのプロセスに焦点を当てたドキュメンタリー作品です。視聴者の好奇心を掻き立てながら進む40分ほどのエピソードは"堅苦しくない"デザイン論に触れることができます。身の回りの見え方がちょっぴり変わるかもしれません。

食品産業に潜む腐敗 Rotten【2018年】

ジャンル:ドキュメンタリー


Netflix公式YouTubeチャンネルより(字幕なし)

あらすじ

食べ物に恵まれたわたしたちの生活。食べたいと思えるものは手に入る世の中。その中に潜む「腐敗」についてのドキュメンタリー。はちみつを取り巻く危険なビジネス、食品アレルギーに対するずさんさなど。あなたが毎日口に運ぶものに潜む、不都合な真実と隠された力が暴かれていきます。

見どころ

「はちみつは甘くない」、「食物アレルギー」、「仁義なきニンニク戦争」、「真っ黒なチキン」、「搾り取るのはミルクか金か」、「もし海から魚が消えたら」の6エピソードからなる食品に関するドキュメンタリー。生産地を偽ったはちみつの詐欺事件「ハニーゲート事件」や、イギリスで起きたアレルギーでの死亡事件などを扱っていて、ドキュメンタリーながらも間延びした退屈さはありません。アメリカで製作されていますがこれら6エピソードで扱われる内容は日本にもゆかりがあるものばかりです。食料自給率が低く、輸入に頼っている日本はこの先どうなってしまうのか、近い未来の食について考えさせられるシリーズです。

アメリカン・バンダル/ハノーバー高校落書き事件簿【2017年】

ジャンル:クライム


Netflix公式YouTubeチャンネルより(字幕なし)

あらすじ

2016年3月15日、ハノーバー高校の教師専用駐車場に駐車してあった27台の車に男性器の落書きされているのが見つかります。教育委員会はディランという少年の日頃の行いを理由に、彼を退学処分にしてしまいます。関与を否定するディランと、素行と状況証拠だけで退学処分を言い渡してた教育委員会に疑問を持った生徒ピーターとサムはドキュメンタリー番組を制作し、事件の真相に迫るのでした。

見どころ

男性器の落書きが原因で不当な扱いを受ける男子高校生のドキュメンタリー。本作は架空の人物や団体、虚構の事件や出来事に基づいて作られるドキュメンタリー"風"、つまりモキュメンタリーなのです。題材は奇をてらっているものの、ストーリーはシリアスに進んでいくため、気づけばどっぷりハマっているなんてこともありえます。日本語吹き替え版ではテレビ番組のインタビューでよく見る、英語の音声にそのまま日本語を被せたタイプ!ぼーっと見ていると本当のドキュメンタリーなんじゃないかと錯覚してしまう作品です。

ビル・ナイが世界を救う【2017年〜】

ジャンル:教育


Netflix公式YouTubeチャンネルより(字幕なし)

あらすじ

わたしたちの生活において切り離せない様々な問題、例えば地球温暖化、性の多様化、ネットのセキュリティ、睡眠、ウイルスと薬、そして医療用大麻など。理解しているつもりでも実はちゃんと理解できていないこれらの問題を、科学的側面からわかりやすく解説してくれるビル・ナイ先生のトークショーです。

見どころ

アメリカのでんじろう先生、科学教育者のビル・ナイによる教育トークショー。1993年〜1998年に渡り放送された人気子ども番組『ビル・ナイ/サイエンス・ガイ』で、多くの子どもたちに科学の楽しさを教えてきたビル・ナイ先生が、自身の番組を見て育った世代に向けて現代社会の問題を非常にわかりやすく解説してくれます。番組内で専門家を呼びパネルトークを行ったり、ビル・ナイ先生の熱弁コーナーや科学者の卵を紹介するコーナーなど30分ほどの番組なのにボリュームは抜群。身近なことだからしっかり学んでおきたいと思う題材ばかりを扱ってくれています。親子で見るのもいいかもしれません!ちなみに日本ではあまり馴染みのないビル・ナイ先生、アメリカでは教育者なのにも関わらず人気者すぎて、人気ドラマ『BONES/ボーンズ』や『ビッグバン☆セオリー/ギークなボクらの恋愛法則』にゲスト出演するほどなんですよ。

最後に

以上、クレイジーシネマがオススメするNetflixオリジナルドラマ30作品でした!

幅広いジャンルから選択してあるのでその日の気分で観たい作品が選べると思います。1話ずつのんびり観たり、寝ずに一気見したり、1人で観たり、みんなワイワイ観たりと、楽しみ方は十人十色。お気に入りのドラマシリーズが見つかりますように!