CuRAZY-cinema[クレイジーシネマ]
CuRAZY-cinema[クレイジーシネマ]は映画・ドラマに関するニュースや気になる情報・感想・評価・ネタバレや画像、動画を掲載しています。
リアルさが売りのNetflixドラマ『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』

リアルさが売りのNetflixドラマ『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』

作品の圧倒的なラインナップ数と、まるで映画のようなハイクオリティで製作されたオリジナルドラマで人気を博しているNetflix。

今回はそんな"Netflixオリジナル作品"の中から、大人気のドラマシリーズ『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』の魅力を解説していきます。
オレンジ・イズ・ニュー・ブラック
amazon.co.jp

『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』の概要


Netflix Japan公式YouTubeチャンネルより

あらすじ

10年前に麻薬取引に関与した罪で投獄されたお嬢様育ちのパイパー・チャップマン(テイラー・シリング)。彼女は同じ犯罪に関わった同性愛の相手であるアレックスと獄中で再会を果たします。不必要なひと言から囚人たちのボスに目をつけられたパイパーを、獄中での厳しい現実が待ち受けていました。

見どころ

主人公パイパーと他の女囚人たちとの獄内での生活を描きます。刑務所内は職員からのハラスメントに満ち、囚人たちは曲者ぞろい。徐々に囚人たちの罪状や過去が明かされていき、仲間意識から徒党を組んだり人種間で抗争が勃発したりと、入り乱れた人間模様が臨場感たっぷりに映されるヒューマンドラマです。

『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』の魅力

事実は小説よりも厳しい?

『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』は2013年からアメリカで配信が開始されたドラマ・シリーズであり、現在はシーズン5まで見ることが可能です。

お嬢様として育ち、世の中の"良い面"ばかり見て生きてきたパイパー。女性刑務所に服役しているれっきとした犯罪者たちから見れば、彼女はまるで世間知らずのバービーちゃんです。シーズン1の前半では食事を抜かれるなどの手荒な扱いを受けますが、エピソードを重ねるごとに持ち前の賢さでどんどんしぶとくなり、腹黒さも露呈していきます。

実はこの作品、パイパー・カーマンによる実体験をもとに描いた小説『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック 女性刑務所での日々』が原作。
orange is the new black
amazon.com

ラストネームは本名のカーマンからチャップマンに変更がされているものの、1人のアメリカ人女性パイパー・カーマンが実際に女性刑務所で経験したことを描いているのです。ちなみに作者のパイパーは回顧録にて「ドラマの看守たちはフレンドリーすぎる」とコメントしていました。ドラマをご覧になれば、「これよりもっと…?」と、現実の刑務所の恐ろしさを想像できるかもしれません。

現代アメリカの縮図としての"女性刑務所"

Orange Is The New Black公式Instagram公式アカウント(@oitnb)より
主役のパイパー(左)と元恋人のアレックス(右)

パイパーと彼女を取り巻く囚人たちの人間関係や、恋愛模様をヒューマンドラマとして楽しむことができる本作。しかしこのドラマは同時に、現代のアメリカ社会を構造的に描いた社会派ドラマとしても評価できます。『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』で浮き彫りにされている問題は大きく同性愛(LGBT)、白人至上主義を中心にした人種差別です。

パイパーは過去に彼女のアレックスがいたことを家族に内緒にしていましたし、いざカミングアウトしたときも"昔はレズビアンだった"という言い方をします。昨今はLGBTの運動が盛んになりカミングアウトする人も増えてきましたが、自分をレズビアンやバイセクシャルと告白するのはまだまだ勇気がいること。もし身近な人物が同性愛者であることを告白してきたとき、快く受け入れることができるだろうかと考えさせられる一幕です。

刑務所内の派閥は白人、黒人、ヒスパニック、少数派のアジア系に分かれています。手を組むことも恋に落ちることもある囚人たちですが、基本的には人種による派閥が存在しており、その壁は何か事件が起こるたび、折に触れて色濃く現れるのです。「人種差別なんてしない」と思っていても、同人種の仲間意識や育った環境、文化の違いからいつの間にか差別的な態度を取っているということはあるもの。現代社会の問題が小さな刑務所のコミュニティというモデルで再現されていると言えます。

他にも、いじめ、ドラッグなど、問題だらけの刑務所内。これだけの社会問題を扱いながらも楽しく観られるのは、収監されている女性たちのキャラクターが個性的で、エネルギーに満ち溢れているから。全員が悪事に手を染めるし、信頼もできないし、見ていて腹が立つことも多々ありますが、それでも恐れ知らずな姿で生き延びている女性たちは、なんだか憎めない。根深い問題をポップな雰囲気にまとめているからこそ、感心できつつも肩の凝らないエンターテインメントに仕上がっているのです。

『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』新シーズンは?


Orange Is The New Black Instagram公式アカウント(@oitnb)より

ドラマシリーズの良いところは、映画と違って気軽に続編が期待できるところ。E!NEWSによると、最新作となる『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』のシーズン6は2018年夏に配信予定とのことです。

自分たちの生きる時代に世の中でどんなことが起きているのか、そしてこれまでにどんなことが起きていたのかを知ろうと思ったとき、映画やドラマが学ぶことへの入り口を開いてくれることはよくあります。現代社会をリアルに描いた『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』もまた、見識を広めるための足掛かりとしてうってつけの作品です。ぜひご覧になってみてください!

参考:Everything We Know About Orange Is the New Black Season 611 Differences Between ‘Orange Is the New Black’ and Its Real Life Inspiration13 reasons why we love new netflix drama '13 reasons why'NetflixLong lines in Nevada as recreational marijuana goes on sale

コメント

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは承認制となっています。記事とは関係ないコメントやライターへの誹謗中傷は削除される可能性があります。クレイジーについてご意見がある方はお問い合わせください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)